フィリピンの下院パネルは、情報通信技術を利用した同国の電子保健または電子保健システムを確立する措置に対する資金提供を承認した。

オンライン会議において、下院予算委員会は、代替法案を下院法案61、171、665、4899に承認した。この法案は、別途「国の電子医療制度法案」と呼ばれている。

同法案は、情報通信技術を利用して質の高い保健情報やサービスへの幅広いアクセスを提供するシステムを制度化することを目指している。

下院衛生委員会の委員長であるケゾン下院議員のアンジェリナ・タン議員は、この措置が法制化されると、電子保健システム、サービス、アプリケーション、ツールを開発・利用しているすべての既存の医療機関を対象とすることになると述べた。

「すべてのフィリピン人のためのユニバーサル・ヘルスケアの実現と成功のためには、保健サービスへのアクセスを構築するための投資が不可欠であることを強調する。 したがって、特に地理的に隔離され、不利な立場にある地域、特に貧困層、不利な立場に置かれ、脆弱な立場に置かれた地域において、医療サービスへの公平なアクセスを確保するためには、電子保健分野への投資が不可欠である」とタン氏は述べた。

タンはまた、証拠に基づいた意思決定のためのリアルタイム情報への質の高いアクセスの必要性と重要性を強調した。

同法案では、保健セクターの企業アーキテクチャを開発・実施し、データが容易に利用可能でアクセス可能であり、ビジネスプロセスが調和・統合され、サービスやアプリケーションが利用可能で、安全で、効率的で、効果的であるようにするための指針を提供しなければならない。

電子ヘルス・サービスおよびアプリケーションの設計、開発、および実装は、ヘルス・セクターの企業アーキテクチャに規定されているように、さまざまな義務的電子ヘルス・ビジネス・プロセスおよびデータ・サービスの自動化および相互運用性に焦点を当てるものとする。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1150902