フィリピン政府は、内務・地方自治省(DILG)によれば、実質的に開催された第4回ASCN年次総会において、6つのスマートシティ・プロジェクトを終了するとのコミットメントを表明している。

ASCN会議の際にDILGが提示したスマートシティプロジェクトは、マニラ市のコマンドセンターの改良と電子政府サービス、セブ市のバス高速交通システムとデジタル交通システム、ダバオ市の指揮統制センターと高度道路交通システムとセキュリティを備えた高度道路交通システムの統合である。

指揮センターは、主に救急サービスのコンタクトセンター、派遣センターとして機能するマニラ市役所に改良を加え、28台のディスプレイパネルと、顔の特徴やナンバープレートを認識できるように市内に戦略的に配置された100台以上の高級カメラを展示しました。

一方、マニラの「電子政府サービス」は、「ゴー・ザ・ゴー」を通じて提供されています。 マニラのウェブアプリケーションとモバイルアプリケーションは、パンデミック時の政府サービスのオンライン処理と支払いの必要性に対応しています。 また、モバイルアプリケーションは、長い待ち行列、時間のかかるプロセス、修正器、市役所での物理的存在の必要性に関する問題にも対処した。

一方、セブ市バス高速鉄道(BRT)線計画は、より効率的な都市内大量輸送のために都市旅客輸送システムの全体的性能を改善することを目的としている。 市の「デジタル交通システム」プロジェクトでは、市内85道路交差点のうち18道路に、車両検知用のセンサーや高解像度監視カメラ、ナンバープレート認識装置、一般監視用のスピードドームなどが設置されています。

一方、ダバオ市のコンバージド・コマンド・センターは、現在、デジタルインフラ、地中ケーブル、光ファイバ・ケーブルの空中設置、および現在設置中の監視のための追加のクローズド・サーキット・テレビ(CCTV)を備えた5段階の実施計画の第2段階に入っている。 High Priority Bus System (HPBS) と呼ばれるこの補完プロジェクトは、現在70%完了しており、電気バス(eBus)用のデポおよびターミナルの設計は30%進行中である。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152236