カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

日本はマラウイの住民に150戸以上の永住家を売り渡す。

150-houses-to-Marawi-residents-from-Japan

日本政府は、戦争で荒廃したフィリピン南部の都市が立ち直るための支援の一環として、マラウイ市のバランガイ・マキララ市の住民に合計150戸の恒久住宅を引き渡しました。

この交代は、先週金曜日、小志川一彦大使をはじめとするフィリピンの関係者、例えばタスクフォース・バンゴン・マラウイ(TFBM)の議長やDHSUD(人間居住開発省)のエドゥアルド・D・デル・ロサリオ長官が率いるバーチャル式典で正式に行われました。

離職率は、日本政府と国連フィリピン・生息地との協力プロジェクトの第3段階であった。

昨年2月には、バランガイ・デュレー西部の109戸が第1段階で転倒し、7月にはダルサラーム村の170戸の常設住宅とダンサランのパマヤンデグ・サ・ラナウ居住地が第2段階で転倒しました。

このプロジェクトは、国連生息地プログラムがマラウイの包囲の犠牲者に住居と生活を支援するために行った5億ポンドの無償資金協力から生まれたものです。

この交代式典とプロジェクトは、マラウイの復興とミンダナオ和平プロセスへの支援に対する日本政府のコミットメントの一環です。

2017年の封鎖から4年後、マラウイ市で最も被害が大きかった地域で占拠された住宅はわずか113戸であった。 現在も4,000人以上の住民が一時的な避難所にとどまっている。

ロドリゴ・デュターテ大統領は、1977年10月17日、マラウイが解放されたことを宣言した。これは、政府軍とマウト反政府勢力との5か月間の戦闘で1000人以上が死亡し、かつては活気に満ちていた都市を崩壊させたためである。

公務員は、2022年6月30日に大統領職を退く前に市の復興を完了することを約束している。

出典:https://www.gmanetwork.com/news/news/nation/807516/japan-provides-150-more-permanent-houses-for-marawi-residents/story/?fbclid=IwAR0KxIknX6P-59VKUtfN-K9fKmCCyvaUGgMD4EOJmfRdu2xFhjak

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you