フィリピンは、全国各地の事業者から、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)やハイドロフルオロカーボン(HFC)の安全な処理に日本の協力を求めている。

このような支援により、オゾン層と気候を保護するHCFCやHFCを大気中に放出することなく破壊することが可能になると、環境天然資源環境管理局(DENR-EMB)のVizminda Osorio副局長は指摘した。

「現在、フィリピンは、日本の環境省と協力して、フィリピンに破壊施設がある可能性について調整しています」と、9月の国際オゾン層保護デー(IDPOL)を2021年に順守するために8月27日に放送されたプログラムの中で語った。
16.

HCFCは、冷蔵などで使用されているオゾン層破壊物質(ODS)ですが、フィリピンではオゾン層破壊物質に関するモントリオール議定書に基づいて段階的に廃止されています。

モントリオール議定書は、オゾン層破壊物質(ODS)の使用を禁止することにより、将来のオゾン層破壊を防止することを目的とした国際的な環境協定です。

専門家によれば、気候変動を引き起こしている地球温暖化を増加させることなく、オゾン層をさらなる破壊から保護する代替産業が必要とされている。

HFCの段階的削減は、モントリオール議定書のキガリ修正条項に沿ったものであり、フィリピンおよび2016年に承認されたこの協定の他の締約国は、フィリピン・オゾン・デスク(POD)に言及した。

PODは、国内のODS段階的廃止プロジェクトおよび政策を促進し、調整する。

「キガリ修正条項」は、モントリオール議定書の締約国にHFCの生産と使用を段階的に削減するよう義務付けることで、気候変動との闘いを後押しすることを目的としている、とPODは付け加えた。

フィリピンは2024年にHFCを段階的に削減している。

オゾン層に穴があいたことを科学者が発見したことで、モントリオール議定書の作成など、この問題に関する国際的な動きが活発化した。

先に、アントニオ・グテレス国連事務総長は、モントリオール議定書について、「人類が地球規模の課題に対処するために協力することが可能であることを示す、刺激的な例」であり、「今日の気候危機に取り組むための重要な手段」であると述べた。

この問題に関する国際協力の結果、オゾン層は「治癒している」と述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152141