フィリピン、シンガポール競争当局、国境を越えた協力のためMoUに署名

Ph-Singapore-competition-authorities

フィリピン競争委員会(PCC)とシンガポール競争消費者委員会(CCCS)は、競争当局間の二国間関係を強化するために、本日、覚書(MoU)にインクを入れた。

バーチャルセレモニーでは、PCC議長のArsenio M. BalisacanとCCCSのAik Koa最高経営責任者(CEO)が署名を主導し、両機関が能力開発演習、スタッフ研修、市場調査協力、その他の共同活動を実施することに合意した。

また、MoUは、両国のそれぞれの法律で認められているように、PCCとCCCSが互いに反競争的な事例を互いに通知し、情報を交換し、両機関に影響を及ぼす執行活動の実施において調整する仕組みを提供している。

「パンデミックと復興への最終的な道筋から生じる課題の進展に直面し、我々は、国際協力を、効果的な国境を越えた競争の執行とアドボカシーを追求する上での重要な手段とみなす。 PCC議長のBalisacan氏は、このパートナーシップは、それぞれの管轄区域における公正な競争を促進する上で、最も価値があると考えている、と述べた。

「MoUに先立ち、PCCとCCCSは、いくつかのアドボカシーと法執行面で協力してきた。 このパートナーシップを通じて、我々は、我々のこれまでの関与の成果を深め、共通の関心事項に関する我々の協力の道を制度化することを目指す」とバリサカンは付け加えた。

PCCとCCCSは、2018年のGrab-Uber事件やデジタル市場における競合レンズの使用など、対話や共通の関心事の事例について、以前から協力してきた。 また、両機関はスタッフの交流を受け入れ、CCCSの幹部がPCCのマニラ発展途上国競争フォーラムのヘッドラインを務め、最近のフィリピン経済学会会議でコンペティションパネルを開催するなど、アドボカシー・イベントに参加した。

また、ASEAN Experts Group on Competition and International Competition Networkにおいても、国際協力の機会を積極的に追求している。 本年の「東アジア競争法・政策会議」のホスト国として、シンガポールも来年フィリピンにホスティング業務を引き継いだ。

このパートナーシップは、シンガポールの競争当局との関係が2016年に開始されたものの、国際的なカウンターパートとのPCC第3位である。

出所:https://mb.com.ph/2021/11/29/ph-sg-competition-authorities-ink-mou-for-cross-border-cooperation/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you