カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピン、日本は「深化」するパートナーシップへのコミットメントを新たにする。

Ph-Japan-partnership

ロクシン外務大臣 新たな日本の吉麻外務大臣は、戦略的パートナーシップを「強化」するとのフィリピンと日本のコミットメントを再確認した。

外務省(DFA)は、12月8日の電話会談において、ロクシンと吉マサは、二国間協力の主要分野、Covid-19のパンデミックや東シナ海・南シナ海問題などの相互の課題について話し合ったと述べた。

「この電話は、国交正常化65周年、戦略的パートナーシップ10周年を迎える2021年の終わりに、両大臣がフィリピンを新たにし、より広範で深いパートナーシップへの日本のコミットメントを新たにする機会となりました」とDFAは述べた。

Locsinは、日本製アストラゼネカワクチン300万回分の供与や2020年にフィリピンで最大の開発援助国となったことを含む、最近の日本の支援に感謝した。

海洋問題については、林は、東シナ海及び南シナ海における一方的な現状変更の試みに「強く」反対した。

ロクシンは、2012年仲裁裁定および「南シナ海における法に基づく秩序」に対する日本の支持表明に感謝した。

また、ミャンマー情勢、北朝鮮情勢、日本人拉致対策支援、核不拡散へのコミットメントなど、地域・多国間の様々な課題についても意見交換を行いました。

両外相は、自由で開かれたインド太平洋(FOIP)を実現するための「具体的協力」及びインド太平洋(AOIP)のための東南アジア諸国連合(アジア)の展望について議論した。

DFAは「2023年の日アジア友好協力50周年を記念して協力していくことで一致しました」と述べた。

両首脳は、先月、ロドリゴ・ロア・デュターテ大統領と岸田文雄日本国総理大臣との間でコンセンサスが得られた後、外務・防衛閣僚会合(2+2)の早期発足を促進し、「より深い安全保障上の関与と両国間の調整」を図ることで一致した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1162590

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you