日本はフィリピンのトップ開発パートナーであり続けることを約束する。

continued-partnership-of-Ph-and-Japan

日本は、フィリピンへの政府開発援助(ODA)の流入を継続し、優先プログラム、特にインフラに対する譲許的資金の最大の源として維持することを約束している。

国際協力機構(Jica)は、フィリピンで2020年に実施されたプロジェクトに1,450億円(約640億ポンド)を投入したと発表した。

日本がフィリピンに対して行ったCOVID-19対応のための2件、総額500億円の貸付に加えて、東京は2020年にマニラに医療機材を供与し、保健省(DOH)の緊急対応プログラムを支援するため、27億円の無償資金協力を行った。

Jica Philippines代表のAzukizawa氏によると、日本のODAの累積額は2020年末時点で110億ドルに達し、同国のポートフォリオ全体の36.4%で最大のシェアを占めています。

「これは、ジャイカとフィリピンの信頼される二国間関係と、パンデミックの課題を克服するだけでなく、インフラ、連結性、地域の平和と安定を通して法の支配と経済的繁栄を支えるという我々の共同目標の証である」と秋沢氏は言う。

「我々は、すべての人のためにより良い未来を確保するために、互恵的な方法でフィリピンと協力し続ける」と付け加えた。

Jicaは、現在、マニラ首都圏の地下鉄、南北通勤鉄道(Malolos-Tutuban線、Malolos-Clark-Blumentritt線)、マニラ首都圏の大量輸送システムの能力向上と復旧のような大型鉄道プロジェクトに資金を提供していると指摘した。 また、フィリピン鉄道研究所(PRI)に対しても技術支援を行った。

インフラに加えて、Jicaは、これらのセクターに利益をもたらす保健・社会開発プロジェクトも実施していると述べた。

政府のフィリピン人若手専門家

施設入所児童

地域社会

Jicaはまた、薬物使用者のリハビリテーションと治療、および「狂犬病予防などその他の公衆衛生問題」にも役立っていると述べた。

Jicaは、フィリピン開発計画(PDP)2017-2022—貧困削減と経済成長の持続を目的としたドゥテルテ政権の社会経済青写真—の目標達成を資金面から支援していると述べた。

Jicaは、フィリピンが国連の持続可能な開発目標(SDGs)を達成できるよう支援していると述べた。

「1960年代から、Jicaはフィリピンの約2,200キロメートルの道路の建設と修復、治水プロジェクトや病院を通じて、インクルーシブで持続可能な成長を支援してきました」とJica氏は言う。

さらに、ミンダナオでは、少なくとも2万5,300人の農民がジカの支援を受けました。 Jicaがリストアップしたその他のプロジェクトには、紛争地域の小規模インフラが含まれており、2013年から実施されています。

「同様に、Jicaはフィリピン人4万2000人以上のキャパシティ・ビルディングを通じて、フィリピンの人材育成を支援しています」と語った。

出所:https://business.inquirer.net/334730/japan-commits-to-remain-as-phs-top-development-partner

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you