日本が支援する12のインフラ・プロジェクト

Japan-funded-projects

日本は依然としてODAの第一位であり、無償資金協力や有償資金協力は112億ドルにのぼり、2020年時点での対外援助全体の36%を占めている。

他にも、JICAを通じた日本からの融資や無償資金協力による「建設、建設、建設」プログラムがあります。

1. 道路整備保全事業

この事業では、全国約1,088.23kmの幹線国道の整備・維持管理、輸送能力・効率の向上、道路の持続可能性の確保を行っています。

2. 幹線道路バイパス事業、フェーズIII(プラリデルバイパス)

既存の24.61kmアライメントのBrgyからの拡張。 ボロール、バラグタス、NLEX沿い、サンラファールまで、ブラカンは、2点間の平均移動時間を69分から24分に短縮した。

3. ダバオ市バイパス工事

これにより、運輸物流が改善され、ダバオ市の渋滞が緩和され、同市の経済発展と健全な都市開発に貢献する。

4. 第一次中部ルソン連結高速道路計画

この30kmの高速道路が完成すれば、タラック市とカバナツアン市の間の移動時間は70分から20分に短縮される。

5. ミンダナオ紛争地域道路網整備事業

これは、ムスリム・ミンダナオ(BARMM)のバンサモロ自治区とミンダナオの他の地域を結ぶ約174.58キロメートルのアクセス道路の開発、建設、改良である。 貧困の緩和、紛争の抑止・予防、地域の平和と秩序の増進を目指します。

6. マラウイ市の復興支援プログラム

これには、マラウイ・トランスセントラル・ロードの復興・復興が含まれ、ニュー・セントラル・ビジネスの発展と平和構築の努力を支援する。

7. 第六次マニラ首都圏インターチェンジ建設計画

これには、ケゾン市内の4つの主要交差点での交流の建設が含まれ、深刻な交通渋滞を緩和し、マニラ首都圏周辺の輸送能力と効率を向上させる。

8. Cebu Mactan Bridge(第4次)及び沿岸道路建設計画

セブ本島のマンダウエ市とマクタン島のラプ・ラプ市を結ぶ長径間道路橋の建設と沿岸道路の接続により、輸送能力と効率が向上する。

9. カガヤン川、タゴロアン川、イムス川の洪水リスク管理事業

このプロジェクトは、被災したコミュニティにおける洪水や洪水による被害を軽減することを目的としています。 カガヤン川サブプロジェクトでは、「イムス川サブプロジェクト」の一環として、アリバゴ川、エニリル川、カタガマン川の浸食が最も進んだ河岸の護岸構造物の建設、ツガラオ市、河川堤防の建設、タゴロアン川の河道部分掘削、排水路の改良工事、イムス川及びバクール川沿いの2つの敷地外防液堤の建設が予定されている。

10. カガヤン・デ・オロ川の洪水リスク管理プロジェクト

これにより、マカジャール湾からペラエズ橋に至るカガヤン・デ・オロ川沿いのコミュニティの回復力が強化され、地域の洪水リスクが軽減され、気候変動やその他の自然災害へとつながることになります。

11. カビテ工業地域洪水管理事業

プロジェクトエリアは、サンファン川流域とその隣接するカビテ州東部のマアリマンゴ排水地域に位置している。 サンファン川流域をカバーするキャバイト工業地帯に沿った洪水を緩和する。 約7,000戸(556ヘクタール)が洪水から保護される。

12. Pasig Marikina川水路改良事業、第4期

このプロジェクトは、マンガハン制御門構造の建設や、キャインタ川とテイタイ川のマンガハン洪水道との合流部に2つの水門を建設するなど、マリキナ川中流域の水路改良工事を通じて、洪水・浸水の減少、洪水被害の軽減などの住民への悪影響の軽減、洪水の軽減を図るものです。

出所:https://mb.com.ph/2021/10/06/12-japanese-funded-build-build-build-projects/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you