レガズピ市は、日本政府からPHP950万円の助成金を受けて、廃棄物管理システムをさらに改善する施設の建設に選ばれました。

8月10日火曜日のインタビューで、Legazpi Cityの安全衛生担当者であるEngineer Neil Careo氏は、Legazpiは固形廃棄物管理プログラム(SWMP)の効果的な実施のため、他の2都市とともに選定されたと述べた。

Careoは、現在、国連人間居住計画(UN-Habitat)フィリピンが推進する「健康海洋クリーンシティ・イニシアティブ」(HOCCI)という日本のプログラムを実施するための主要な要件である、海洋ごみに関する都市行動計画(CPAML)のすべての文書を微調整していると述べた。

同共同議長は、国連生息地に提出される海洋ごみ削減に関する調査を実施すると述べた。

Careo氏は、市政府がPHP100万ドルを同市の廃棄物管理改善に使用する一方で、残りの850万ポンドは「循環経済」を通じて海洋廃棄物を最小限に抑えるための設備を購入するために使用すると述べた。

Cenity Environment and Natural Resources Office(CENRO)は、3R(リユース・リデュース・リサイクル)戦略の適用を強化すべきだと述べた。

「また、Legazpi市と国連生息地は、HOCCIプロジェクトの実施に関する協力協定に署名する予定です」とCareo氏は述べた。

UN-Habitatは、国連の人間居住機関である。 国連総会は、すべての人に十分なシェルターを提供することを目的として、社会的にも環境的にも持続可能な町と都市を促進することを義務付けている。

Careo氏は、HOCCIプロジェクトは、水産廃棄物の削減に焦点を当てると述べた。特に、水路を詰まらせ、海洋資源を破壊する家庭やその他の機関から排出される使用済みプラスチックの削減に焦点を当てる。

レガズピ以外にも、オルモック市とカガヤン・デ・オロ市も日本のグラントの受益者に選ばれました。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1149957