フィリピン、40カ国が2030年までに石炭利用を廃止するとの公約に署名

pledge-to-end-coal-use-by-2030

フィリピンを含む40カ国以上が、2030年までに最も汚い化石燃料である石炭の使用を廃止するという誓約に署名した。これは、世界中で地球温暖化の排出の最大の原因となっている唯一の排出源を抑制するという、より広範なコミットメントの一環である。

しかし、「石炭の終結」のシグナルとしての公約は明示されたものの、最大の石炭排出国である米国、中国、インド、オーストラリアなどのいくつかの国も、この公約には目立った欠席を見せた。

この条約は、温室効果ガスの排出を劇的に削減し、地球温暖化を1.5℃以上に抑えるという国際的なコミットメントを強化するための「最良かつ最後の瞬間」と見なされているスコットランドのグラスゴーで開催された第26回締約国会議(COP26)で木曜日に署名された。

この協定の署名にあたり、各国は、石炭が「世界の気温上昇の唯一の最大の原因であり、2015年のパリ協定の下で共有された目標を達成するためにエネルギー転換を加速しなければならない理由」であることを認めた。

それでもなお、環境・気候活動家にとっては、石炭利用の誓約は「現時点で必要とされるものをはるかに下回っている」のである。

グローバル・ウィットネスのキャンペーン・リーダー、マレー・ワーシー氏は「石炭のみに取り組む合意は、問題の半分を解決するものではない」と述べた。 「科学ははっきりしており、気候変動の最悪の影響を回避するためには、すべての化石燃料を段階的に廃止しなければならない」。

「世界を1.5℃のコースにするためのエネルギーに関する真に野心的な合意は、石炭、石油、ガスの段階的廃止である。 これは、必要とされていたものが大きな飛躍を遂げたときの小さな一歩です」と同氏は付け加えた。

エネルギー長官のAlfonso Cusiはフィリピンを代表して署名したが、Negros Oriental Govを含む5人の準国民のみが署名した。 ロエル・デガモが署名した。

とりわけ、この4条条約は、クリーンエネルギーの急速な拡大、エネルギー転換のための技術と政策の拡大、認可の発行や新規石炭火力発電所の建設の停止、石炭火力発電からの公正な移行を提供するための国内外の取り組みの強化を目指している。

「我々は、我々の共通のビジョンを実現するために大きな進展があったと認識しているが、我々の任務はまだ完遂されていない。我々は、他の者に対し、今後数年間にわたる世界的なエネルギー転換を加速させるための我々の努力を倍加させるために我々に参加することを求める」と、この誓約を読んでいる。

Cusiは、第1条および第4条(クリーンエネルギーおよび石炭からの単なる移行)に署名しただけで、石炭プラントの認可および支援を終了する条項には同意しなかった。

環境グループのアクシオン・クリマ氏は声明の中で、「エネルギー省が過半数の立場をとっていることに悲しみを感じている」と述べた。 「この協定は、温室効果ガスの排出回避に向けたエネルギー転換のための資金調達を要求するための活用と手段となるべきであった」。

出所:https://globalnation.inquirer.net/200128/ph-40-other-countries-vow-to-end-coal-use-by-2030

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you