フィリピン系米国人プロバスケットボール選手、ドワイト・ラモス氏は、富山グロースが金曜日に買収を発表したため、Bリーグに向かっている。

Grousesは声明の中で、「富山グロウスは、Bリーグ2021-22シーズンについて、Dwight Ramosと基本合意に達したことを喜んで発表します」と述べた。

FIBA Asia Cup Qualifiersの最後の2つのウィンドウでGilas Pilipinasの星だったRamos氏は、アジア人選手クォータを通じて日本のプレミアバスケットボールリーグで署名したフィリピン人ボール選手としては8人目となる。「B.Leagueに入った後、アジア人特別選手としては初めての選手になるだろう」と富山氏は付け加えた。

ラモスは日本で遊ぶのが夢だと言った。

「富山市で遊ぶのはとても興奮しています。日本の美しい都市や田舎で遊ぶのが私の夢です」と彼は言う。

グロースは、前シーズンの39-21で5位を獲得しましたが、4-6月期決勝では、龍急ゴールデンキングスが3試合でノックアウトしました。

ラモスは、旧フィリピンバスケットボール協会主導の富山系列に加わり、ジョシュア・スミスを輸入する。

「たくさんの試合で勝ち、新しいチームメートたちと一緒に富山市に誇りを持たせたいです」とRamos氏は付け加えた。

「このチームは昨シーズンにプレーオフを行った。今シーズンの優勝に貢献したい」と述べた。

しかし、2019年のコロナウイルス感染症の制限により、Ramosは東南部の前のチームに参加することはないが、来月から定期的なシーズンが始まる予定である。

Grouses社がDwight Ramosを買収したことは、Ramos社がアマチュア滞在やフィリピン大学体育協会(UAAP)へのアテネ入社の以前の計画に反して、専門職に転身していることを意味している。

ラモスは、カリフォルニア州-フルートンで米国NCAAの2シーズンを演奏した後、カリフォルニア州-ポリー-ポモナに移管した。

当初の計画を推し進めれば、2020年フィリピン大学チャンピオンズ・リーグのラインナップに入れられたにもかかわらず、現在のギラスコーチ・タブ・ボールドウィンが担当しているブルー・イーグルズのUAAP資格を2年間取得できたはずである。

そして、富山氏は、ナショナル・チームと一緒に遊ぶという決意を改めて表明したにもかかわらず、富山氏のキャリアにとっては有益だと考えている。

「私は、Bリーグの経験と競争のレベルによって、私がギラス・プログラムに貢献できるようになるだけであると信じています。これにより、私は引き続き全力を尽くすことができるでしょう」とRamos氏はさらに述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1153214