さそゆかさんは、週末に開催されたトラスト・ゴルフ・ウィメンズ・スコッティッシュ・オープンで強力に決勝し、次回の大会に先駆けて必要な自信を高めた。

現在、世界8位の女性ゴルファー、スコットランドのファイフにあるダンバルニー・ラインズで、日曜日の最終ラウンドで、世界8位の女子ゴルファーが4パーム68を獲得し、合計281点の7パーム281点を獲得し、15位のシェアを獲得し、さらに6点のゴルファーを獲得した。

第4ラウンドは、2日目と3日目に、彼女の気まぐれな演技を盛り上げ、彼女の力強いスタートをほぼ吹き上げた。

木曜日の第1ラウンドでは、5パーセント以下の67という高値で始まった。これは、リンク・ゴルフ・コースであまり演奏したことのない人にとっては、印象的なものである。

しかし、彼女は、金曜日の第2ラウンドでは、ほんのわずか72ドルを維持したに過ぎず、土曜日の第3ラウンドでは、実質的に彼女を表彰台から遠ざけたまま、74ドルを2ドル上回った。

しかし、日曜日の彼女のスティントは、AIG Women’s British Openに先駆けて、彼女を大切にする何か前向きなものを与えてくれた。

佐曽は最初の七つの穴の中に三羽の誕生日を迎えた。彼女はトップ10に向けて撃たれていた。

しかし、彼女は前の九人を後ろから後ろへの男の子たちで仕上げ、最初の七つの穴の良い印をほぼ拭いてしまった。

ホール12の別のボージーのあと、サソは最後に生きてきた。最後の6つのホールで、交互に鳥を交互に生き、最後のラウンドのマイナス4を手に入れた。

リンクスゴルフコースで演奏されたトラスト・ゴルフ・ウィメンズ・スコットランド・オープンは、AIGウィメンズ・ブリティッシュ・オープンのためのサソの装備の一部であり、また、別のリンク、スコットランドのカルノスティー・ゴルフ・リンクでも演奏される。

一方、アメリカン・ライアン・オトゥールは、トラスト・ゴルフ・ウィメンズ・スコットランド・オープンを獲得した。

O’Tooleは、第1ラウンド後のSasoの後ろでのストロークで、第4ラウンドで8対64の下落で立ち上がり、17対271、ニュージーランドの2番目のジョイントプレーサーLydia KoとタイのAtthaya Thitikulの3ストローク、それぞれ14対274の下落で終わりました。

東京オリンピックの銅メダリストである金さんは、第4ラウンドで最高のパフォーマンスをあげ、男の子がいなくても、63人に9人の割合で出演しましたが、彼女の失敗はまだ少なかったのです。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1150538