エアアジア・フィリピンは国内線54%増、シンガポール・香港便の再開

AirAsia-increases-domestic-flights

フィリピン航空は12月に好調な回復を見せている。国内線は週54%増、シンガポール、香港旅行の再開に備えている。

休日旅行の急増とCOVID-19規制の緩和を見込んでいるフィリピン航空アジアは、11月の82便に対し、来月は126便を運航する。

エアアジア・フィリピンのリカルド・イスラ最高経営責任者(CEO)は木曜日のメディア説明会で、「われわれは、回復への道を歩み始める用意があり、全力を尽くしている」と述べた。

また、マニラからボラカティクラン空港までは週28便、マニラ・タクロバン、マニラ・セブなどは週21便を運航している。

マニラからイロイロ、バコロド、カリボまでは週7回、タグビラランは週11回、プエルト・プリンセサは週6回、カガヤンは週5回となる。

また、ダバオ(週7回)、ザンボアンガ(週4回)、サントス将軍(週2回)にも強いプレゼンスを維持するとしている。

また、12月4日にシンガポール、12月5日に香港での事業を復活させる。

エアアジア・フィリピンは、7月から9月にかけて旅客数が167%増の18万971人となり、地域の関係会社を「上回る」パフォーマンスをあげた。

座席利用率を測定する負荷率は、77%と21ポイント上昇しました。

エアバスA320型機は、2020年の同時期と変わらず、24機のエアバスA320型機となった。

海外のフィリピン人労働者からの強い需要が見込まれる一方で、近い将来、彼らの成長のほとんどは地元の飛行機からのものだとイスラム教授は述べた。

「国内が最優先」と語ったのは、依然として海外旅行需要が低迷しているためだ。

「旅客は、率直に言えば、依然として目的地における検疫要件を検討している」と同氏は述べた。

外国人旅行の日額上限を4000人から10000人に引き上げれば、海外旅行はより早く回復する可能性がある、と同氏は述べた。

出所:https://business.inquirer.net/335050/airasia-ph-hikes-domestic-trips-by-54-revives-sg-and-hk-flights

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you