カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピン航空はパンデミック前の頻度の40%を占める

Philippine-airlines'-pre-pandemic-frequencies

フラッグキャリアのフィリピン航空(NYSE:PAL)は、パンデミック前の飛行回数の40%に達する運航について、慎重に楽観的な見方を示している、と幹部は火曜日に語った。

「われわれは、現在の状況を、旅行を報復するための先駆けとみなしている。 しかし、当社は引き続き慎重に楽観的であり、安全が当社の事業の基盤であることを確保している」とPALの広報担当者、Cielo Villaluna氏は述べた。

パンデミック前のPALは、1日平均300便を飛行する。 現在、同社は1日平均120便の国内線・国際線を運航している。

ビラルナ氏は「われわれのネットワークは、一般的な規制や市場主導の需要に留意しつつ、徐々に復旧している」と述べた。

PALは声明で、旅行需要の急増を予想しており、同国の健康状態は徐々に改善していくと述べた。

このため、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、ホノルル、グアム、トロント、バンクーバー、ロンドン、シンガポール、バンコク、ジャカルタ、プノンペンへの定期便が毎週定期便再開されている。

その他の国際目的地は、オークランド、ブリスベン、メルボルン、シドニー、クアラルンプール、ハノイ、ホーチミン市(サイゴン)、ソウル、東京、福岡、大阪、名古屋、香港、台北、ドバイ、ダンマム、リヤド、ドーハである。

国内運航については、マニラからラオア、レガズピ、プエルト・プリンセサ、ブスアンガ、バコロッダ、セブ、カタルマン、カルバヨグ、ドゥマグエテ、アンティク、イロイロ、カリボ、カティクラン、ロキサス、タクロバン、タグビララン、ブツアン、コタバト、カガヤン・デ・オロ、ディポロ、ダバオ、サルガオ、サルガオ、サルガオ、オザミズ、パガディアン、ザンボアンガまで定期便を運航しています。

セブからバコロド、ブータン、カガヤン・デ・オロ、カティクラン、クラーク、ダバオ、シアルガオ、タクロバン、ザンボアンガへと飛ぶ。 PALは、ザンボアンガからタウイ・タウイにも飛んでいる。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1159927

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you