カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

AirAsia PH、香港、シンガポールのOFW、ビジネス旅行の再開

AirAsia-Ph-resumes-flights

アジア・フィリピンは、12月にシンガポールと香港との間で再開するが、海外のフィリピン人労働者(OFWs)とビジネス旅行者のみを対象とする。

「これらの飛行機の再開は、依然として不可欠な旅行に限定されている。 AirAsia Philippinesの広報担当者Steve Dalisanはフィリピン通信に対し、Covid-19の症例が減少し続け、ワクチン接種プログラムが進展するにつれて、余暇旅行が許可され、2022年第1四半期にかけてフィリピン人の間で国境規制が解除されることを期待している」と語った。

12月4日から、毎週土曜日のマニラ・シンガポール便は午前8時にマニラを出発し、帰り便は午後12時25分に長木空港を出発します。

他方、12月5日から午前8時35分にかけて、隔週のマニラ・香港便が日曜日に運航される予定です。 帰り便は午前11時55分に香港を出発します。 午後2時にマニラに着陸する予定です。

香港に向かう旅客は、飛行スケジュールの72時間前までに実施した逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査(検査施設または医療機関がISO 15189公認または政府公認の証明書を含む)の陰性結果を提示しなければならない。

また、香港政府が承認した予防接種記録、指定検疫ホテル(DQH)または指定検疫施設(DQF)での部屋予約の確認を21泊以上行うことも義務付けられている。

さらに、香港到着時にはCovid-19の検査を受ける必要がある。

一方、シンガポール向けは飛行スケジュールの48時間前までにRT-PCR検査が陰性であり、シンガポール到着時にRT-PCR検査が必要である。

さらに、SHNの3日目と7日目に10日間の在宅看護(SHN)を観察し、抗原迅速検査を受けなければならない。 SHNの10日目にRT-PCR検査を実施しなければならない。

11月1日以降、シンガポールに入国する際には、すべての労働合格証の所持者、学生合格証の所持者、その扶養家族、および原則的承認書(IPA)の所持者に対し、完全なワクチン接種を実施しなければならない。 また、到着前に、シンガポール到着カード(SGAC)に電子健康宣言(eHDC)を添えて提出しなければならない。

一方、香港はグリーンリストの対象国であるため、フィリピンに向かう完全なワクチン接種を受けた乗客は、もはや検疫を受ける必要はなく、飛行前72時間以内に実施したRT-PCR検査陰性結果の提出を求められることになる。

黄色いリストの下にあるシンガポールから来た完全なワクチン接種を受けた旅行者は、RT-PCR法の解除まで5日間隔離を受ける必要がある。 その後、自宅で検疫を終了することが許可される。

フィリピンに到着するすべての乗客は、交通連絡先追跡アプリをダウンロードする必要があります。 予防接種を受けていない、部分的に予防接種を受けている、またはワクチン接種状況を個別に検証することができない個人、および予防接種を受けたが旅行前検査の要件に適合しなかった個人は、14日間隔離されなければならず、そのうち6日は認定されたホテルまたは施設で観察され、残りの日数は自宅で完了されるものとする。

航空アジア・フィリピンは国際線の再開に慎重に楽観的であるが、パンデミック後の復興を完全に受け入れている、とダイリアンは語った。

同氏は、アジア地域の他の主要市場を開拓するためには、香港とシンガポールの路線にサービスを提供することが不可欠であると述べた。

「今回までに、エアアジアのゲストはすでに安全文化を身につけていると信じています。 これは、われわれが「より良い正常」に飛ぶときに非常に重要である。 「われわれは警備員を置くことはできませんが、安全に対する重層的なアプローチが整っており、すべての接点で厳格に遵守されるため、旅行に際して心配することができます」とDailisan氏は述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1159120

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you