カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

来年、人員整理された従業員を再雇用する用意があるエアアジア・フィリピン

AirAsia-to-rehire-employees-next-year

予算編成では、フィリピンは今後数カ月で運航機数を倍増させるため、2022年4-6月期までに縮小したパイロットや客室乗務員を再雇用する用意がある。 AirAsia Philippinesのリカルド・イスラ最高経営責任者(CEO)は木曜日のバーチャル・ブリーフィングで、旅行制限の緩和とCOVID-19案件の削減を背景に、従業員を増やすことが「最優先」になると述べた。

「まず、パイロット、客室乗務員、もちろん、エンジニア、保守員を再雇用する」と述べた。

エアアジア・フィリピンは約700人の人員削減を行い、経営幹部や上級幹部は、パンデミックが2020年に長期にわたって業務を開始したため、大幅な賃金削減を行った。

フィリピンのレイ・バージャ最高財務責任者(CFO)によると、予算航空会社の従業員数は今日約1500人だという。

また、座席利用率を測る旅客の積載量は年末までに80%に達する可能性があると付け加えた。

エアアジア・フィリピンは現在、エアバスA320型機24機のうち、航空機を運航しているのはわずか5機である。 需要が回復するにつれて、ベルジャは2022年1-3月期までに運航機数を12機に増やすと発表した。

「非常に強く、非常に明るいクリスマスを楽しみにしています」とイスラ。

アイランドによると、12月1日までに、フィリピンとその地域関連会社は、マニラから香港、台湾、シンガポール、タイ、マレーシアへの飛行を再開する。 主に、ホリデーに間に合う海外のフィリピン人労働者の旅行を計画している外国人労働者を受け入れるためだという。

また、Bacolod、Cagayan de Oro、Cebu、Iloilo、Taclobanなどの目的地では、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応検査の必要性が廃止され、政府が高齢者と未成年者の飛行を認めたことから、現地の需要も回復の強い兆しを見せていた。

エアアジア・フィリピンは、2022年半ばまでに国内線のパンデミック前の需要が戻ると予想していたが、完全な回復は国際規制の緩和にも依存するだろうと、イスラは述べた。

「インターナショナルは我々の(パンデミック前の)フライトの50%です。 だからこそ、国際線の再開に一層力を入れたいと思います」と述べた。

エアアジア・フィリピンの広報担当者、スティーブ・デイリスン氏は、需要を喚起するために、この地域の近隣諸国との間でいわゆる観光バブルを設立する計画もあると述べた。

現在、フィリピンは、パンデミック以前に主要な観光市場であった中国や韓国からの入国を制限している。

出所:https://business.inquirer.net/333023/airasia-ph-ready-to-rehire-retrenched-workers-next-year

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you