コロナウイルス病2019(Covid-19)の流行が終わると、日本人観光客のセブへの帰国が予想されている。

今回のセブ訪問では、この楽観的な見方が示されました。

コシカワは、月曜日にセブ州政府が発表した声明の中で、セブと日本の二国間関係を強化する意向を表明した。

「あなたは美しい自然とセブアノの人々のもてなし、安心感を持っています。 それは安全な街だ。 パンデミックが終わったら、多くの日本人がここに戻ってくるだろう」と大使は語った。

金曜日のゴウェンドリン・ガルシア総裁との会談では、ギャルシア総裁は、パンデミックが正常化して観光交流が活発化すれば、セバと日本の間に観光バブルが発生する可能性を提起した。

また、観光以外にもセブに戻って第二言語(ESL)として英語を勉強したいと言った。 セブはESLの拠点として、日本、韓国、中国などアジア諸国からの留学生を受け入れている。

ガルシアは日本使節団を招いて、セブ島の自然の美しさを探検した。

セブは長い間日本人観光客のお気に入りのゲットウェイトです。

日本は、韓国や日本と共に、セブのプレパンデミックの有力な観光地の一つであった。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1156222