フィリピンの観光客を日本旅行市場に投入

Ph-tourism-in-Japan-mart

Bernadette Romulo-Puyat観光長官は、日本旅行業協会(JATA)の第2回オンライン旅行業協会(JATA)の開設期間中、日本の旅行市場に先立って、フィリピンの持続可能な観光開発のための国家政策とCovid-19パンデミックの課題への対応について概説した。

昨年10月27日には、観光担当主任が国別プレゼンテーションを主導し、国際観光フォーラム(ITF)のパネリストの一人となりました。同フォーラムには、森永・グアム観光局理事長、山北英次郎日本旅行局長など日本の旅行業界関係者も参加しました。

また、パネリストは、大阪イベントのテーマである「より良い観光バリューチェーンの創造方法」と、旅行ビジネスだけでなく、消費者のための環境に関する各々の方針を強調した。

プヤットは、DOTの観光プログラム、観光対応・復興計画(TRRP)、及び2020-2022年に向けた改革された国家観光開発計画を共有した。

パネリストたちは、観光客へのワクチン接種の優先順位付けを求めるDOTの動きを賞賛した。

「経済性、雇用創出、環境の持続可能性を考慮し、バランスのとれたアプローチを取らなければなりません」とPuyat氏は述べた。

同氏は、このパンデミックは、観光産業が、より責任があり、説明責任があり、インクルーシブで、持続可能なものとなるよう再調整する機会をもたらしたと述べた。

また、フィリピンのブランドである「私たちは、お客さまを笑顔で迎え、最高の製品とサービスを提供する国です」と、フィリピンのサービスを宣伝しました。

DOT幹部は、JATA加盟代理店が独占的に閲覧する2時間半のウェビナーであるフィリピンでのプレゼンテーションに対するコメントを支持した。

ピュイアットは基調講演で、国際観光機関が認めた国際的な安全衛生基準を遵守し、既存の観光製品の改良を追求するというフィリピンのコミットメントを確認した。

パンデミック以前は、日本はフィリピンにとって4番目に大きな観光市場でした。

「われわれは、JATAの支援に頼ることができると確信しています。そうすれば、長く互いに有益な関係に、より多くの年月をかけることができるのです」とPuyat氏は言う。

観光振興局のマリア・アンソネット・ベラスコ・オーロンズ最高執行責任者(COO)は、「もっと楽しいアワイット」キャンペーンを開始し、DOTが旅行者のために用意した刺激的な目的地や物語を伝えた。

Christopher Morales事務次官補は、日本人旅行者の希望目的地に関する最新情報を提供し、自然観光、海洋観光、冒険観光、太陽やビーチツーリズムにスポットライトを当てた。

これを補完するものとして、DOTによる国際市場向けの国内観光製品の再調整の取り組みに関するプレゼンテーションが行われた。

Guiller Asido氏は、国内観光製品・市場開発タスクフォースの議長であり、Iramuros Administrationの同時アドミニストレーターでもある。国内の観光回線とDOTの目標は、高価値、低密度、低負荷の旅行製品の開発であると述べた。

ベルナ・ブエンシュセオ次官は、地域に根ざした食料観光商品と経験を全国各地で紹介した。

民間部門からは、(社)ホテル販売マーケティング協会のクロマ・ホスピタリティの営業マネジャーであるいわい博樹氏が、旅行者の安全を確保するための宿泊部門のイニシアチブに関するトピックを取り上げた。

フィリピン国際展示協会のマリサ・ナラナ (PACEOS)は、MICE産業に対するTPBのインセンティブプログラム(会議、インセンティブ、会議、展示会)を導入し、同時にMICE分野の進展に関する視聴者を簡単に更新した。

また、Puyatは、JATA幹部に対し、DOTチーム・ジャパン・プロジェクトへの協力と積極的な参加を求め、また、Boracayリハビリテーション・プログラムのバーチャル・オーディエンスを更新するよう求めた。

JATAは、「JATA Tourism Expo Japan 2019」の機会に、Puyat the Excellent Partner Awardを受賞しました。

10月17日から11月30日まで、第2回JATAオンライントラベルマートが開催されます。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1158844

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you