8月10日、フィリピン航空(PAL)は、海外のフィリピン人労働者(OFW)市場にサービスを提供し、路線の需要を再テストするために、マニラとロンドンの間でサービスを再開した。

PALは、今年10月まで英国への限定便を提供すると発表した。 日付は9月24日だった。 7、21、10月5日

PALは8月11日、声明の中で、「特別便を利用すれば、需要が持続すれば、旗艦が英国の資本に対して、より定期的な週次便を復活させる道が開かれるだろう」と述べた。

英国には20万人のフィリピン人が住んでおり、2019年には20万9,000人以上の英国人がフィリピンを訪れ、観光の第一人者となった。

PALがロンドンに戻ったのは、7カ月前にCOVID-19機関間タスクフォースが英国からのインバウンド旅行に厳しい制限を課したためである。

「海外のフィリピン人にとって必要不可欠な旅行需要を優先して、PALは、欧州が徐々に旅行用に開放されるにつれて、需要が回復することを期待している」と同航空は述べた。

その後の便は午前6時にマニラを出発します。 12時50分ロンドンのヒースロー空港に到着する広告 同日午後2時50分、PR721はロンドンを出発します。 午前11時にマニラに到着します。 翌日、薬事法は述べた。

PALは、中東(アラブ首長国連邦、カタール、サウジアラビア)、北米(米国、カナダ)、北東アジア(日本、韓国)、アジア(シンガポール、香港、台北、バンコク、ジャカルタ、クアラルンプールなど)などの国際線への便を徐々に復旧したと発表した。

PALはまた、オーストラリアとニュージーランドへの特別便も運航している。

出典:
https://business.inquirer.net/328777/philippine-airlines-retests-london-market-with-limited-flights-until-oct-2021