フィリピンで最大のオンライン旅行販売は、パンデミックの影響を受けて打撃を受けた観光産業の復興を支援するため、9月15日に復活しつつある。

火曜日のバーチャルプレッサーで、ホテル販売マーケティング協会(HSMA)は、SOSまたは9月のオンライン販売を9月から開始すると発表した。 2021年10月15日~10月15日、全国80以上のホテルで「より大きなプロモーションとディスカウント」を実施。

今年のSOSでは、ホテルのバケーションや飲食料品のパッケージを最大70%無料で提供し、HSMAのウェブサイトを公式に開設した際に閲覧することができる。

割引パッケージは、購入日から1年間使用可能な電子バウチャーの形で販売され、要請があれば延長することができる。

2020年には、初のSOSが約1,400万PHPの確定予約を生成し、HSMAは今年これを倍増させることを期待している。

「15日間のイベントから、1カ月分の旅行マートを計画した。 また、レストラン、バー、宴会パッケージ、スパ、ジム、プール、その他ホテルの施設の付帯サービスも含まれており、今年のキャンペーンをよりスリルにし、誘致している」と、ベイラフ・ホテルのHSMA社長兼エリア・マーケティング・ディレクターであるBenjie Martinez氏は述べた。

昨年開催された最初のSOSは、コロナウイルスの危機に対応して、地元のホテル協会によって開始された多くのプロジェクトの1つであった。

このイベントでは約2,000枚のバウチャーが販売され、参加しているホテルやリゾートの運営・維持管理に必要な収入がもたらされ、この部門に雇用されているフィリピン人は数百万人にのぼりました。

HSMAによると、ホテルの1つには、宿泊料金を午前6時にチェックインし、翌日午後10時までに翌日の宿泊料金をチェックアウトできるパッケージも含まれているという。

一般的な地域検疫下にある滞在ホテルでは、未成年者や高齢者がRT-PCR法で陰性と判定された場合を除き、技術的には既に検査要件を免除している可能性があるが、HSMAは、その判定は依然として施設が所在する地方自治体の単位に依存することを明らかにした。

HSMAは、参加ホテルが政府と世界保健機関によって設定された健康プロトコールと予防措置を厳格に実施することを保証することで、このイニシアティブがフィリピン人の安全な国内旅行の促進に役立つことを期待している。

「私たちから出発しなければなりません。この国内旅行は私たちから出発しなければなりません。私たちはホテル業界から出発しなければなりません。 HSMA Director for Ways & Means Cristina Carreonは、このプレッサーで次のように述べています。「開かなければならない点があります。」

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152858