フィリピンの3つの島々が、2021年に訪れるためのトップアイランドで毎年開催されているコンデ・ナスト・トラベラー(CNT)読者賞に選ばれた。

上場85地区のうち、サーフィン・ヘイブン・サーガオ島はアジアで今年で最も好まれた地区として認められ、世界的に有名なパラワン島とボラガイ島がそれぞれ3番目と8番目の地点を獲得しました。

インドネシアのラジャ・アンパト諸島(第2)、タイのPhi Phi諸島(第9)、Phuket(第10)のように、アジアでは他の3つの地域が好まれている。

コンデ・ナスト・トラベラーからの新たな評価に感謝申し上げます。 我々は、世界中のトップ・オブ・マインドの目的地としての地位を強化する一方で、目的地を越えた健康と安全のプロトコルが実施され、遵守されるように努めてきました」とBernadette Romulo-Puyat観光長官は述べた。

同事務局長は、この認知度は、フィリピンの観光産業の回復と、パンデミック規制が解除された後の国際レジャー旅行に向けたフィリピンの準備を紹介するDOTの最新の世界的キャンペーン「もっと楽しいアワット」にとても良好であると述べた。

一方、フィリピンはCNTの世界上位国リストで20位、スコアは91.63であった。

CNTリーダーズ・チョイス・アワードは、世界のトップホテル、リゾート、都市、国、島、スパ、電車、レンタカー、荷物、航空会社、空港、クルーズでの最近の旅行経験に基づいて、世界中の80万人以上の読者からフィードバックを集めています。

2021年の賞の結果は、読者の最近の旅行経験を示しており、パンデミックの影響で旅行が制限されていることを考えると、世界が国際旅行に再開したとき、旅行者はどこに「次へ行くことを夢見ている」のかという考え方を提供するものである。

Siargaoはまた、TIMEによって、世界100大地2021の中に選ばれている。

「トラベル+レジャー」誌「世界上位25島」で19位、今年はアジア部門で5位となった。 また、CNTの「2020年世界最優秀30作品リスト」にも含まれている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1155745