世界的なシンクタンクによると、国内旅行は来年復活する可能性が最も高いが、国際旅行は2024年まで待たなければならないという。

英国に拠点を置くオックスフォード・エコノミクスの報告によると、国内旅行はフィリピンやアジア太平洋地域の他の主要な地域における観光の恩恵となる。

昨年、旅行業界は世界で最も深刻な影響を受けたセクターのひとつとなりました。パンデミックにより旅行やレジャー休暇が停止され、ウイルスの拡散や新種の産卵が阻止されました。

2021年においても、フィリピンを含む多くの国でCOVID-19症例の急増とワクチンの発売の遅れにより、国内外の旅行は制限されたままでした。

しかし、オックスフォードのアジア太平洋地域を主導するエコノミスト、マイケル・ショーリー氏は、来年の国内訪問者数はパンデミック以前の水準を上回ると予測している、と述べた。

「国内市場は、総観光客数の回復を促し、来年の総観光客数は2019台に戻るか、それを上回るだろう」と同氏は述べた。

「これとは対照的に、インバウンド旅行は多くの目的地で大きな影響を受け続け、2024年までにはこの地域で、また2025年までには一部の個別の目的地で回復しないと予測されています」とShoory氏は言う。

フィリピンでは、国内旅行者が来年までに観光客の80%近くを占めるとオックスフォードは推計している。 これは、パンデミック以前の60%を超えるレベルよりも高い。

フィリピンの観光は依然として国内市場に大きく依存している。 歳出面では、2019年の3兆7,400億ポンドのうち84%を国内観光が占めている。

一方、国内旅行は、国内旅行客の平均滞在期間が通常短く、予想される国際旅行の不振時の平均支出が少ないため、妨げられているとShoory氏は指摘する。

2022年までに、成長率は8%で記録され、さらに2023年と2024年までにそれぞれ29%と39%に増加する。 これらはすべて国内市場によって動かされることに留意すべきである。

「我々は、2022年までにパンデミック前の国内市場のリターンの90%と、2019年から2022年までのアウトバウンド旅行の減少の約半分が国内旅行に転換されたと仮定しています」とShoory氏は言う。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/08/30/2123470/domestic-travel-recovery-seen-start-early-2022