フィリピンの観光省(DOT)は、保健省(DOH)から6万2,000回分のCOVID-19ワクチン接種を要請し、パラワンの約3万1,000人の観光労働者に接種した。

観光局長のベルナデット・ロムロ・プヤットは、コロン、エルニド、サンヴィセンテ、プエルト・プリンセサ市の主要な観光地を訪れ、同局の3万1000ジャブの目標を発表した。

DOTによれば、これらの地域で最初の4000回分のシノワクチン接種が行われ、パラワンの観光労働者の最初のバッチのワクチン接種に使用される予定である。

Romulo-Puyatはスピーチの中で、「今日は、パラワン島周辺の4つの主要な目的地で観光客へのワクチン接種を始めるにあたり、観光局のパンデミック復興プログラムの画期的な出来事です」と語った。

その後、パラワンのような観光地が地元の旅行者を迎え入れていることから、コビッドワクチンの投与量が数週間後に増えることを確認した。

要求された6万2,000回分のうち、約3万回分がプエルト・プリンセサ市に配分されており、プエルト・プリンセサ市には約1万5,000人の観光労働者が雇用されている。 残りの32,000ワクチンはコロン、エルニーニド、サンビセンテで投与される。

「観光客にワクチンを接種することは、国内観光を促進することで、復興を促進し、生計を立て直す上で、保護、安心、旅行への自信を提供します。 コミュニティ検疫の拡大は、我々の進展におけるもう一つの障害であるが、それは国民を守るために必要かつ一時的な後退である」とRomulo-Puyat氏は述べた。

彼女は、旅行労働者を予防接種し、保護することによってのみ、同国は旅行に対する信頼を高め、最終的にはパンデミックにより失われた雇用と収入の回復につながると述べた。

2020年には、パラワンは「世界一のアイランド」として「旅行+レジャー」の一流企業から引用され、初めてではなく、94.83/100点を獲得した。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1149271