フィリピンは、東南アジア諸国連合(ASEAN)と緊密に連携し、事態が安定し、新しい観光業が始まると、この地域を「単一の目的地」として促進していると、ベルナデット・ロムロ・プヤット観光長官は火曜日に述べた。

「地域協力の分野では、復興は、ASEAN観光協力が単一の目的地として東南アジアを結び付け、促進するための重要なプラットフォームであり、観光分野の新しい師範の需要と動向に備えています」と、同氏は、ASEAN創設54周年を記念する観光フォーラムで語った。

世界中の他の地域と同様に、ASEANの観光業もパンデミックの影響を受け、2020年に流行が始まったときには、国際観光客の到着と受取の両方が急激に減少した。

ASEAN経済共同体のサトビンダー・シン副事務局長にとって、この危機は「ここにとどまる変革」という観光産業の様相を大きく変えた。

同氏は、復興に向けた長期戦略の1つは、東南アジアを単一の観光地としてまとめて構築することだと述べた。

シンは、東南アジア諸国は安全に産業を再開するために協調的な方法で取り組まなければならないと述べた。 ASEANの観光リーダーは、今年から2025年にかけて、観光サービスをリインベントし、パンデミックの中で銀行が安全に取り組む新たな経験をもたらすために、デジタル技術を最大限に活用しなければならない。

Romulo-Puyat氏は、フィリピンは現在、このセクターのニーズに対応し、観光地の安全な再開を可能にするために最善を尽くしていると述べた。

事件の急増により旅行者の目的地が一時的に閉鎖されたが、観光省は、ASEAN観光戦略計画2016-2025およびアジア・パンデミック後の観光復興計画に沿った観光対応・復興計画(TRRP)を通じて、同セクターの復興に向けた動きを継続すると述べた。

同氏は、「政府のCovid-19ワクチン接種プログラムでは、観光労働者を最優先課題とし、世界旅行・観光評議会の安全な旅行スタンプキャンペーンの一環としてフィリピンを認知することが、同省の大きな節目となりました」と述べた。

フィリピン以外のASEAN諸国は、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、タイ、ベトナムである。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152179