2021年フィリピン旅行取引所(PHITEX)の予約件数は6,900万件を超え、パンデミックによる制約にもかかわらずハイブリッド・イベントが成功したことを示しています。

観光振興理事会(TPB)のマリア・アンソネット・ベラスコ・アレンズ最高執行責任者(COO)は、世界32カ国からの122人のバイヤーが、このイベントのビジネス・ツー・ビジネスセッションで、同国の166人の売り手と少なくとも1,258件の契約を結び、6900万PHP以上の収入を得たと発表した。

2021年のPHITEXは、「Beyond Beyond Business:安全、スマート、持続可能な観光を共創する」をテーマに、スービック湾フリーポート地区で、実質的にも現場でも2回目の旅行イベントとなりました。

PHITEX 2021では、旅行取引以外にも、バタラン川、グランデ島、パムラクラキン、エル・カバヨ、アパリンなど、セントラルソンの観光地の最良の場所を紹介するオンサイト参加者を対象に、バブル・アレンジメントのバブル・ポスト・ツアーを提供しています。

また、メインイベントに先立ち、業界の専門家や、デジタルメディアから観光にいたるまで、PHITEX出席者、観光学生、TPBメンバーを対象とした教育ウェビナー「PHITEX Education Program(PEP)Talk」を開催しました。

9月20日、ベルナデット・ロムロ・プヤット観光長官は、PHITEX 2021のテーマは、同国の観光景観に対するパンデミックの深刻な影響と一致していると述べた。

「[O]ur」の考慮事項は、パンデミックが当業界に与える悪影響によって変更された。 ある意味では、利益を目的としたビジネスを行う一方で、旅行客の健康と安全、目的地や社会文化的遺産の持続可能性を重視する必要性を同じように意識していることを認識し、前向きな視点の転換が行われています」と彼女は述べた。

スービック・ベイ・フリーポート・ゾーンは、今年、観光省のミーティング、インセンティブ、カンファレンス、展示会(MICE)イベントを広いオープンスペースで開催するという要件を満たした後、PHITEX 2021に選ばれました。

スービック・ベイ・フリーポート・ゾーンを管理する政府所有・管理会社(GOCC)として、スービック・ベイ・メトロポリタン当局の協力を得て調整が可能となった。

9月20日に開始され、9月23日に終了するPHITEX 2021は、新たな通常の安全衛生プロトコルを厳格に順守し、Covid-19 Inter-Agency Task Forceが設定したガイドラインを遵守して開催されている。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1154351