東京海洋科学技術大学のフィリピン人助教授(32歳)は、日本で学んだ知識と技能を持つエンジニアリング生を支援するようになりました。

「私はUP-Dilimanの教授と緊密なコミュニケーションを取っています。 また、昨年4月1日、大学食品科学技術部の在任期間を与えられたばかりのマーク・アンソニー・レド氏は、フィリピンが現在提供できない知識やスキルをさらに身につけられるよう、良好なネットワークを築いていると述べた。

「そうする間に、私はUPの教授と話し合いました。すぐ後に、留学生や大学院留学生を推薦できるようになりました。 その意味で、私はここで彼らを訓練し、教えることができ、帰国の可能性を増やすことができる」と、カルーカン市出身者は付け加えた。

Redo氏は、高校時代に教育への情熱が戻ってきたと語った。 大学では、Redoは機械工学を研究した後、フィリピン大学で修士号を取得し、政府の奨学金を得てディリマン大学に進学した。

その後、早稲田大学博士号取得のため、フィリピンの製造工場で排熱回収システムのプロジェクトエンジニアとして2年の経験を経て、日本に移転しました。

彼は、最先端のマイクロチャネル熱交換器における進行中の二相流不均一分布を解決する一般モデルを提案し、代わりにサムスン研究所と共同で新しい熱交換器設計を通してその性能を向上させた。

また、環境省と共同で、食品展示会の環境影響評価プロジェクトにも取り組みました。

出典:
https://www.gmanetwork.com/news/pinoyabroad/pinoyachievers/793913/pinoy-professor-in-japan-helps-train-filipino-students/story/
https://manilanews.ph/pinoy-professor-in-japan-helps-train-filipino-students/