フィリピン・アルベイのレガズピ市は、地方財政局(BLGF)から、地方歳入の創出・徴収において、同国のトップクラスの都市リストの1位に入ったとして、賞を受賞することになっている。

同市は、2019年のコロナウイルス病(Covid-19)のパンデミック以前に、目標徴税額を161.2%上回った。

2番目のスポットはバレンズエラ市で、回収率は154.4%を超え、次いでStaである。 ラグナ州ロサ市145.9%、セブ市145.1%、パラニャーク市137.6%、ラ・ユニオン州サン・フェルナンド市137.4%、ナボタス市133.3%、イロコス・スル州ビガン市132.2%、およびマンデューシティ・セブ・ルセナ市131.7%。

6月24日(木曜日)のインタビューで、ノール・ローザル市長は、歳入徴収が高いのは、フィリピン土地銀行とフィリピン開発銀行(DBP)の施設を通じたATM(現金自動預払機)を利用した電子決済やデビットカードなど、市の徴税スキームの革新によるものだと述べた。

「現在、この市内の不動産所有者や事業者はすべて、オンライン決済サービスを通じて税金を支払っている。 これらのオンライン・サービスを通じて、納税者に利便性を提供することから、現地の歳入徴収を多く改善することができると考えています」と同氏は述べた。

ローザルは、「徴収効率や現地収入(LSR)の前年比伸び率など、BLGFが作成した基準をクリアしたため、地方税徴収で第1位となった」と語った。

市長のCarlita de Guzmanは、ETRACS(Enhanced Tax Revenue Assessment and Collection System)の採用とGIS(Giographic Information System)の実施は、市内の地方税徴収の改善に大きく貢献したと述べた。

ETRACSは税金およびその他のビジネス・フィーの自動評価であり、GISは滞納者およびビジネス・オペレーションの計画と特定のためのテーマ・レイヤーを作成します。

ここ数年、アルベイ市内に巨大投資家などの事業所が増え続けていることも、多額の税金引き上げに貢献しています。

Source:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144801