The International community-led by powerful countries like the United States, Japan, China, and France sent their congratulatory messages to the Philippines on the 123rd-anniversary celebration of Philippine Independence Day over the weekend.
Japanese Ambassador Koshikawa Kazuhiko expressed his hope for Japan and the Philippines to strengthen their cooperation and solidarity.
“Happy Independence Day to all Filipinos! We pay respect to your beautiful nation with a rich culture and heritage. May Japan-Philippines cooperation and solidarity grow stronger and flourish for everlasting peace and prosperity! Mabuhay!” Koshikawa said in a tweet.
Japan remains the Philippines’ leading source of official development assistance (ODA), with over 40 percent of the foreign-aid portfolio.
Chinese Ambassador to Manila Huang Xilian posted his greeting on Facebook with an image of the upper portion of the Philippine flag.
“Happy Independence Day to the Philippines and the Filipino people! The Chinese Embassy and I join the Filipino people in celebrating the 123rd Anniversary of the Proclamation of the Philippine Independence. Mabuhay Philippines! May the country raise its flag higher! Its sun and stars shine brighter!” Huang posted on his official Facebook account.
According to the Chinese envoy, the relationship between China and the Philippines flourished during the Duterte administration, with both countries completing 12 government-to-government projects, seven of which are still being implemented, and ten more currently underway.
United States President Joe Biden, meanwhile, dedicated a 1:45-minute-long video message congratulating the Philippines and the Filipino people on the country’s 123rd Independence Day celebration.
“To all the people of the Philippines, Happy Independence Day! It’s my honor as President to send best wishes and the enduring friendship of the American people as you celebrate this joyous occasion,” Biden said in a pre-recorded video message from the White House.
Biden’s Independence Day message also brought up this year’s commemoration of the 75 years anniversary of US-Philippines diplomatic relations and the 70th anniversary of the Mutual Defense Treaty.

米国、日本、中国、フランスなどの強国を中心とした国際社会は、週末に行われたフィリピン独立123周年記念式典に向けて、フィリピンにお祝いのメッセージを送りました。
越川和彦駐日大使は、日本とフィリピンが協力と連帯を強めていくことに期待を寄せています。
「フィリピンの皆様、独立記念日おめでとうございます。豊かな文化と伝統を持つ美しい国に敬意を表します。日本とフィリピンの協力と連帯がより強くなり、永遠の平和と繁栄のために繁栄しますように! Mabuhay!」 と越川氏はツイートしています。
日本はフィリピンの政府開発援助(ODA)の主要な供給国であり、対外援助ポートフォリオの40%以上を占めています。
黄西蓮駐マニラ中国大使は、フィリピン国旗の上部分の画像を添えて、Facebookに挨拶を投稿しました。
「フィリピンとフィリピンの人々に独立記念日おめでとうございます。中国大使館と私は、フィリピンの人々と共に、フィリピン独立宣言123周年を祝います。Mabuhay Philippines! この国がその旗をより高く掲げますように。その太陽と星がより明るく輝きますように!」と、黄はFacebookの公式アカウントに投稿しました。
中国特使によると、ドゥテルテ政権下で中国とフィリピンの関係は繁栄し、両国は12の政府間プロジェクトを完了し、そのうち7つは現在も実施されており、さらに10のプロジェクトが現在進行中であるといいます。
一方、米国のジョー・バイデン大統領は、1分45秒のビデオメッセージを捧げ、フィリピンとフィリピン国民の123回目の独立記念日の祝賀を述べました。
「フィリピンのすべての人々へ、独立記念日おめでとうございます。フィリピンの皆様、独立記念日おめでとうございます!大統領として、皆様がこの喜びの日を迎えられることを心から願い、アメリカ国民の永続的な友情をお届けできることを光栄に思います」と、バイデンはホワイトハウスから事前に収録されたビデオメッセージで語りました。
バイデン氏の独立記念日のメッセージは、今年の米比外交関係75周年と相互防衛条約70周年の記念行事にも触れています。

参照元:
https://mb.com.ph/2021/06/13/intl-community-greets-ph-on-independence-day-via-new-media/