The Philippine government’s fiscal space allows it to spend on additional stimulus to further mitigate the pandemic’s impact on vulnerable sectors, according to an International Monetary Fund (IMF) executive.
In a virtual briefing for the release of the lender’s 2021 Article IV Consultation Wednesday, Mission chief Thomas Helbling said that while the government has implemented a comprehensive policy support package to address the pandemic’s impact on the economy and the vulnerable sectors, “more resources could be needed” especially for the vulnerable families and the businesses.
“The Philippines has some fiscal space to respond to downside risks should they materialize,” he said.
Helbling said that after meeting with economic managers, Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP) officials, and private sector representatives from May 21 to June 11, they took note of the Philippine economy’s gradual recovery and expect a stronger rebound to begin in the second half of this year.
Helbling said additional fiscal support should be focused on further improving the healthcare system, funding for vaccination programs, continued support to the affected families and businesses, and funding for the infrastructure program. He further said the fiscal program for this year is “appropriate” and “provides for substantial stimulus.”
Strong monetary policy is also expected to drive growth improvement and investors’ confidence, IMF exec noted.
Helbling also cited the need for the government’s push for structural reforms such as tax reforms, digital payments, continued cutting of red tape, and climate mitigation and adaptation, as well as a reduction on restrictions for foreign investments, fast-tracking of the national ID program, and further improvement on social protection programs.

国際通貨基金(IMF)の幹部によると、フィリピン政府の財政スペースは、パンデミックによる脆弱なセクターへの影響をさらに軽減するために、追加の刺激策に費やすことができるといいます。
国際通貨基金(IMF)のトーマス・ヘルブリング調査団長は、2021年第4条協議の発表に向けたバーチャル・ブリーフィングで、フィリピン政府はパンデミックによる経済と社会的弱者への影響に対処するため、包括的な政策支援策を実施しているが、特に社会的弱者である家族や企業に対しては、「より多くの資源が必要である」と述べました。
「フィリピンには、ダウンサイドリスクが顕在化した場合に対応できる財政的余裕があります」と述べています。
Helbling氏によると、5月21日から6月11日にかけて、経済担当者、Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP)の役員、民間企業の代表者と会合を行った結果、フィリピン経済の緩やかな回復に留意し、今年の下半期にはより強い回復が始まると予想しているといいます。
ヘルブリング氏は、追加の財政支援は、医療制度のさらなる改善、予防接種プログラムへの資金提供、被災した家族や企業への継続的な支援、インフラプログラムへの資金提供に焦点を当てるべきだと述べました。さらに、今年の財政プログラムは “適切 “であり、”実質的な景気刺激策となる “と述べました。
また、強力な金融政策は、成長の改善と投資家の信頼を促進すると期待される、とIMF幹部は指摘しました。
また、ヘルブリング氏は、税制改革、デジタル決済、官僚主義の継続的な削減、気候変動の緩和と適応などの構造改革を政府が推進する必要性を挙げ、さらに、外国人投資に対する規制の緩和、国民IDプログラムの迅速な推進、社会保護プログラムのさらなる改善も必要だと述べました。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1143963