イスラエルとフィリピンは、能力開発・研修の一環として、科学者を互いの国に派遣する予定であり、科学技術省(DOST)の職員である。

専門家の人数、訪問期間、訪問日などの詳細については、引き続き議論する必要がある。 早急に活動を進めていきたいと考えていますが、フィリピンとイスラエルの双方の旅行勧告を含め、現状についても検討する必要があります。」とDOSTのLeah Buendia国際協力次官補はフィリピン通信に語った。

同氏は、イスラエルを訪れるフィリピン人専門家は、点滴灌漑、医薬品化学、イスラエルの創薬、人工知能(AI)について研修を受ける予定だと述べた。 一方、フィリピンに行くイスラエルの科学者は、フィリピンの研究者と会う。

「フィリピン・イスラエル合同科学技術委員会」では、フィリピンとイスラエルの専門家が共同作業について話し合い、協力の可能性を確認するためのプラットフォームとなるワークショップを実施している。 会談では、イスラエル側からフィリピンを訪問したいとの発言がありました。

イスラエル科学技術省(MOST)のチーフサイエンティスト、アビ・ドンブ氏、および両機関の他の職員との会合では、農業(水管理)、AI(ロボット工学)、および健康(生物医学工学および創薬)を含む特定された優先分野で実施される可能性のある共同イニシアティブについて話し合われた。

議論された優先事項は、2018年にイスラエルを公式訪問したロドリゴ・ロア・デュターテ大統領が署名した科学協力に関する覚書(MOU)によって導かれた。

また、政府・公務員への人工授精応用や緊急時対応などの開発を視野に入れ、専門家による各研究・事業について協議する合同会議の開催を期待する。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1146173