同国のベンチマーク規模のシニア無担保米ドル建て債券の発行は、S&P Global Ratingsによって「BB+」の格付けを受けている。 債券評価者は、格付けは安定的なソブリン見通しと類似していると報告した。

「債券は、ソブリンの直接、一般、無条件、無担保、無担保の債務を表し、ソブリンの他の無担保・無担保の債務と同等である」と付け加えた。

米国証券取引委員会(SEC)は、フィリピン共和国(ROP)ドル建て債券の発行には10.5年と25年の10年が必要であると述べた。

このペーパーの当初の指針は、米国短期国債と同額の90ベーシス・ポイントまたは約3.550%に基づくレートである。 負債証書には固定金利がある。

現在、フィリピンは3大格付け会社から投資適格格付を取得しており、これらの発行予定額は同じ数字になると予想されています。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスの現在の格付けはBaa2、フィッチ・レーティングスはBBBである。 どちらの格付けも安定した見通しを持っている。

6月28日(月曜日)、ローザリア・デ・レオン国立財務長官は「一般財政支援」のために、社債発行の収入を利用する予定だ、と述べた。

政府は今年、70億ドルのプログラム付き商業借入を行っている。 これまでに30億ドル相当のユーロ債と円建サムライ債を発行しました。

S&P Global Ratingsは、米国の信用格付機関であり、S&P Globalの部門であり、株式、債券、コモディティに関する財務調査および分析を公表している。 S&Pは、ムーディーズ・インベスターズ・サービスやフィッチ・レーティングスを含む大手3社の格付け機関としては最大規模とみられている。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1145261