ザ・スモール・ビジネス・コーポレーション 観光省(DOT)は、他のセクターのトラック・零細・中小企業(MSME)に対する観光事業のための貸付予算を再編成することに合意した。

6月29日(火曜日)、SB(株)は記者会見で、 サンティ・リム副社長兼最高執行責任者(COO)は、DOTのベルナデット・ロムロ・プヤット長官は、トレード・アンド・インダストリーズ(DTI)の融資部門が、トラックやその他の産業向けの観光企業向け融資予算40億ポンドのうち15億ポンドをPHPに融資することを認めたと述べた。

リム氏は、地域社会の検疫措置による移動制限のため、観光ローンへの取り込みが遅れていると述べた。 このローン配分は、SB Corp.が展開しているCovid-19 Assistance to Restart Enterprises(CARES)プログラムの下で行われている。

SB(NYSE:SB) また、関係するトラックオーナー・団体(ACTOO)との間で、ACTOO会員に対する無利子融資の実施に関する覚書(MOA)が締結されました。

「現在、PHP40億の非観光MSMEへの配分のうち、(現在)3億PHPの利用可能な資金があります。 アクトオ会員の皆様にもご利用いただく予定です。だからこそ、MOAに署名し、応募に対応できるようにしておくことが大切です」とLim氏は言う。

全体として、ACTOOの下で物流事業者に利用可能なPHP18億ドルの資金がいくつかある。

リムは、SB(NYSE:SB)からの借り入れに関心のあるトラック会社に勧めた。 残りの予算が今年9月まで続く可能性があり、MSMEからの融資申込が現在の傾向にあることから、直ちにCARES融資を申し込むこと。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1145369