As tourism in Cebu begins to recover, the Department of Tourism (DOT-7) intends to launch a campaign emphasizing the province’s strength in the maritime industry.
“We export ships and boats. We manufacture diving equipment and sell speedboats. We have good diving facilities,” said DOT-7 regional director Shalimar Tamano, explaining that this should be one of Cebu’s attractions that will entice not only domestic visitors but also global travelers once strict travel restrictions are lifted and travelers’ confidence is restored.
Cebu has long been known as one of the country’s favored destinations for shipbuilding, with multinational ship-making companies operating in the city, like Tsuneishi Shipbuilding Company Ltd., Austal Philippines’, among others.
According to the official, Cebu should capitalize and assert itself as a maritime hub, by creating a yearly event showcasing this niche.
Specifically, the town of Balamban is producing naval vessels following the completion of Australian shipbuilder Austal Philippines’ US$20 million expansion of its shipyard in 2019. The expansion paved the way for the construction of offshore patrol vessels for the Philippines. Austal’s Cebu shipyard, which began operating in 2012, has since delivered 17 ships to 10 operators in nine countries.
Tsuneishi Heavy Industries Cebu Inc., also based in Balamban, Cebu is involved in shipbuilding, ship repair, and the manufacture of ship and vessel outfittings. From Balamban, it ships medium-sized vessels to various parts of the world.
Cebu is also a top diving destination in Asia, which makes diving-related businesses a thriving venture in the province, especially during the pre-pandemic period.
Japan-based Marine Diving Magazine cited the islands of Bohol, Negros Oriental and Cebu, particularly Moalboal and Malapascua, as among the best diving sites in the Philippines at the Marine Diving Awards 2020 in Tokyo, Japan.

セブ島の観光が回復しつつある中、観光局(DOT-7)は、セブ島の海事産業の強みを強調するキャンペーンを展開する意向です。
「船やボートを輸出したり、ダイビング用品を製造したり、スピードボートを販売したりしています。ダイビング施設も充実しています」とDOT-7のシャリマー・タマノ地域ディレクターは語り、厳しい渡航規制が解除され、旅行者の信頼が回復すれば、国内だけでなく世界からの旅行者を魅了するセブの魅力の一つになるはずだと説明します。
セブ島は古くから造船業の盛んな地域として知られており、常石造船株式会社やオースタル・フィリピンズなどの多国籍造船会社が操業している。
そのため、セブ島には常石造船やオースタル・フィリピンなどの多国籍企業が進出しており、セブ島が海事産業の中心地であることをアピールするためのイベントを毎年開催する必要があります。
具体的には、バランバンの町では、オーストラリアの造船業者であるAustal Philippinesによる2,000万米ドルをかけた造船所の拡張工事が2019年に完了し、艦艇の生産を行っています。この拡張により、フィリピン向けの海上パトロール船の建造に道が開かれました。2012年に操業を開始したAustal社のセブ造船所は、その後、9カ国10社のオペレーターに17隻の船を納入しています。
同じくセブ島のバランバンにあるTsuneishi Heavy Industries Cebu Inc.は、造船、船舶修理、船舶艤装品の製造を行っています。バランバンからは、世界各地に中型船舶を出荷しています。
また、セブ島はアジアでも有数のダイビングスポットであり、特にパンデミック前の時期にはダイビング関連のビジネスが盛んに行われていました。
日本の「マリンダイビングマガジン」は、東京で開催された「マリンダイビングアワード2020」で、ボホール島、ネグロスオリエンタル島、セブ島、特にモアルボアルとマラパスクアをフィリピンのベストダイビングスポットに挙げています。

参照元:
https://www.sunstar.com.ph/article/1897576/Cebu/Business/Cebu-poised-to-be-PH-maritime-hub
https://www.philstar.com/the-freeman/cebu-business/2021/06/14/2105374/dot-push-cebu-maritime-hub