ルソン島中部の環境天然資源局(DENR)は、この地域の河岸を安定させるために竹種の繁殖を促進し、同時にマニラ湾の復興を支援した。

DENR地域3事務局長のパキト・モレノ・ジュニア氏 彼らは、バターンのハーモサの地方自治体と協力して、竹種を繁殖させ、国家緑化プログラム(NGP)の下で森林被覆を増やすために1.7ヘクタールの竹と苗床を確立したと言う。

モレノは、竹の繁殖は、河岸やマニラ湾の復興のために、竹を優先的に植林・利用するという、チマツ環境長官の行進命令を支持するものであると述べた。

Hermosa町のBarangay Mambogの閉鎖された衛生埋立地には、DENRとHermosaの地方自治体が最初に約30種類の黄竹を植え付けたという。

さらに、DENRとLGUは、巨大竹、黄竹、ブダベリー竹、カワヤン・ティニック、カワヤン・キリング、バヨグなどの950種の繁殖物を植栽し、育てようとしていると付け加えた。これらの種は、工学的竹の潜在的な供給源となり、土壌浸食を抑制し、河岸を安定化させ、劣化した地域を修復するための植林材料となり得る。

多くの人には知られていないが、竹は「貧しい人間の木材」と呼ばれており、経済的、生態学的に多くの利益をもたらすため、「緑の金」として称賛されている。

竹は、住宅、農漁具、手工芸品、食品の原料として使われています。 また、建築設計、造園、彫刻、庭園、土壌浸食防止、河岸の安定化などにも利用されている。

調査によると、フィリピンには62種の竹があり、そのうち21種はフィリピン固有種と考えられている。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144850