The Baguio City has logged more tourist arrivals this June following the easing of travel restrictions in the National Capital Region (NCR).
“Records from the city tourism office show an increasing trend in tourist arrivals in Baguio with 1,400 visitors recorded on the first week and 2,978 for the second week of June,” Aileen Refuerzo, chief of the city’s Public Information Office (PIO), said in a statement on Monday, June 21.
Most of them were from NCR who registered via the online visitors’ registration portal www.visita.baguio.gov.ph for their QTP (quick response coded travel permit) pass, she said.
The Inter-Agency Task Force for the Management of Emerging Infectious Diseases (IATF-EID), in Resolution 121, allowed interzonal travel between areas under general community quarantine (GCQ) and modified GCQ (MGCQ) for leisure purposes. Metro Manila is under GCQ with “some restrictions” until June 30.
When Baguio City opened its doors to tourists from Region 1 in September last year, it only received around 20 to 50 tourists daily. This number only increased to over 1,000 when the city government allowed tourists from the whole of Luzon. With the gradual and safe reopening of the city to tourists, it has so far registered PHP1.8 billion in tourism receipts.
Tourists in the city are required to submit a negative result of either polymerase chain reaction (PCR) test, antigen, or saliva test in the past 72 hours. Under Baguio’s travel guidelines, tourists can either book at the Department of Tourism (DOT)- accredited hotels and accommodations or stay with their relatives or friends.

バギオ市では、首都圏の旅行規制が緩和されたことにより、今年の6月に多くの観光客が訪れました。
「市観光局の記録によると、6月第1週には1,400人、第2週には2,978人と、バギオ市への観光客の到着数は増加傾向にあります」と、市広報局(PIO)のアイリーン・レフエルゾ主任が6月21日(月)に発表しました。
そのほとんどがNCR出身者で、QTP(クイック・レスポンス・コード・トラベル・パーミット)パスを取得するために、オンラインの訪問者登録ポータル(www.visita.baguio.gov.ph)から登録した人たちだといいます。
新興感染症管理のための省庁間タスクフォース(IATF-EID)は、決議121号において、一般地域検疫(GCQ)および修正GCQ(MGCQ)下にある地域間のレジャー目的の旅行を認めています。マニラ首都圏は、6月30日まで「いくつかの制限」を伴うGCQ下にあります。
昨年9月にバギオ市が第1地域からの観光客に門戸を開いたときは、1日に20~50人程度の観光客しか訪れませんでした。それが、市政府がルソン島全域からの観光客を許可したことで、1,000人以上の観光客が訪れるようになりました。徐々に安全に観光客を受け入れるようになったことで、これまでに18億PHPの観光収入を記録しています。
バギオへの観光客は、過去72時間以内にポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、抗原検査、唾液検査のいずれかで陰性の結果を提出する必要があります。バギオの旅行ガイドラインでは、観光局(DOT)が認定したホテルや宿泊施設を予約するか、親戚や友人の家に泊まること可能です。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144368