The National Historical Commission of the Philippines (NHCP) turned over on Monday, June 21, to the provincial government of Pangasinan the historical landmark in this town, the Casa Real (Royal House), after its full restoration.
Casa Real, which was built during the Spanish regime in the Philippines, is a national historical landmark in the province and served as the country’s former seat of government during the Spanish regime.
NHCP chairman Rene Escalante said the landmark was a witness to the rich, glorious, and even sad history of the town and the province. Casa Real will later on become a museum of Pangasinan that will enable Pangasinenses to appreciate history and it is also a way to give back to the next generation.
“We are preparing the staff here on how to handle the items that will be placed here as well as the security details; the entry protocols for visitors, because we understand that the artifacts that will be housed here are fragile or sensitive and valuable,” Governor Amado Espino III said.
“Department of Tourism (DOT) Secretary Berna Romulo-Puyat’s advice was very inspiring. She said we could seek the help of the different national government agencies concerned,” he added.
Espino said they are also in coordination with Pangasinense artists for the artworks to be displayed in the planned museum.
Tourism Infrastructure and Enterprise Zone Authority (TIEZA)funded PHP50 million for the Casa Real restoration, while the provincial government of Pangasinan shelled out PHP33 million for its refurbishment since 2016.

フィリピン国家歴史委員会(NHCP)は、6月21日(月)、パンガシナン州政府に、同州の歴史的建造物であるカサ・リアル(王家の館)を全面的に修復した上で引き渡しました。
フィリピンのスペイン統治時代に建てられたカサ・リアルは、同州の国定歴史建造物であり、スペイン統治時代には同国の旧政府所在地として機能していました。
NHCP議長のレネ・エスカランテ氏は、「このランドマークは、町と州の豊かで輝かしい、そして悲しい歴史の証人である」と語っています。カサ・リアルは後にパンガシナンの博物館となり、パンガシナンの人々が歴史を理解できるようになり、また、次世代への恩返しにもなります。
アマド・エスピノ3世知事は、「ここに展示される品々は壊れやすく、繊細で貴重なものであると理解しているので、スタッフには、品々の扱い方やセキュリティの詳細、訪問者の入国手続きなどを準備させています」と語りました。
観光省のベルナ・ロムロ・プヤット長官のアドバイスはとても刺激的でした。
エスピノ氏によると、計画中の博物館に展示する作品については、パンガシネンセのアーティストたちとも調整を行っているといいます。
TIEZA(Tourism Infrastructure and Enterprise Zone Authority)は、カサ・リアルの修復のために5,000万PHPを出資し、パンガシナン州政府は2016年からその改修のために3,300万PHPを負担しています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144399