Key vacation spots in the Philippines are upscaling the vaccination drive for their hospitality frontliners and residents to enable them to open up to more tourists, especially from abroad.
The province of Bohol, for instance, started vaccinating management and employees of hotels and resorts in Panglao Island over the weekend, after receiving 10,000 vaccine doses from the national government.
The shipment of 5,000 doses of Sputnik V and 5,000 doses of Sinovac were personally received by Bohol Gov. Arthur Yap on June 16.
Boracay Island, the crown jewel of Philippine tourism, has also been vaccinating its residents since May 26. Malay Mayor Frolibar Bautista and private stakeholders earlier requested the national government and the Department of Tourism (DOT) for vaccines good for 40,000 islanders.
The vaccines currently being distributed to Boracaynons come from the Aklan provincial government’s allocation from the national government—Sinovac and AstraZeneca.
Businessman and Compliance Association of Boracay President Virgilio Sacdalan said, “If tourism frontliners and the community here on the island will be vaccinated, it will create a bubble immediately, considering we have a small population of 40,000.”
He added, “We can start accepting international direct flights [and] this will help our tourism industry bounce back.” Prior to the pandemic, Boracay received some 2 million foreign and domestic visitor arrivals.
The Department of Tourism has been pushing to include more tourism frontliners in the vaccination priority list, to help the industry rebound. The Philippine Statistics Authority last week reported the tourism direct gross value added slumped by 61.2 percent to P973.31 billion in 2020, due to pandemic travel restrictions. The sector’s contribution to the local economy’s output was just 5.4 percent, compared to 12.8 percent in 2019.

フィリピンの主要な観光地では、特に海外からの観光客の受け入れを可能にするために、ホスピタリティの最前線にいる人々や住民へのワクチン接種を拡大しています。
例えば、ボホール州では、国から1万人分のワクチンの提供を受け、週末にパングラオ島のホテルやリゾートの経営者や従業員へのワクチン接種を開始しました。
「スプートニクV」5,000本と「シノバック」5,000本の出荷は、6月16日にボホール州知事のアーサー・ヤップ氏が直接受け取ったものです。
フィリピン観光の至宝であるボラカイ島でも、5月26日から住民にワクチンを接種しています。ボラカイ島のフロリバル・バウティスタ市長と民間の関係者は、4万人分のワクチンを国と観光省に要請しました。
現在ボラカイ島民に配布されているワクチンは、アクラン州政府が国から割り当てられたシノバック社とアストラゼネカ社のものです。
ビジネスマンであり、ボラカイ島コンプライアンス協会のビルジリオ・サクダラン会長は、「観光業の第一線で活躍する人々や島のコミュニティがワクチンを接種すれば、人口4万人の小さな島であることを考えれば、すぐにバブルが発生するでしょう」と述べています。
さらに、「国際的な直行便の受け入れを開始することができ、それによって観光産業の立ち直りが期待できでしょう」と述べています。パンデミック前のボラカイ島には、国内外から約200万人の観光客が訪れていました。
観光局は、観光産業の回復を支援するために、より多くの観光最前線の人々をワクチン接種の優先順位リストに加えることを推進しています。フィリピン統計局は先週、パンデミックによる渡航制限のため、2020年の観光業直接粗付加価値は61.2%減の973億1000万ペソに低迷したと報告しています。地域経済の生産高に対する同セクターの貢献度は、2019年の12.8%に対し、わずか5.4%でした。

参照元:
https://businessmirror.com.ph/2021/06/21/island-destinations-gear-up-for-entry-of-foreign-tourists/