The Philippines will be positioned as a “safe, fun, and competitive” destination for the next two years, according to the Department of Tourism (DOT), as it relies on strong partnerships with communities and visitors.
The agency said it would develop more tourism products that focus on nature and culture while continuing its “safe travel” campaign to ingrain world-recognized health and hygiene protocols in every Philippine destination.
This was after the DOT noted that the 61.2 percent drop of tourism contribution to the Philippines’ gross domestic product shows that the pandemic has held back the industry that contributed P2.51 trillion to the economy in 2019.
“This compels the DOT to explore all means possible, within the imposed government restrictions, to facilitate the gradual recovery of the tourism industry,” it said.
The data from the Philippine Statistics Authority (PSA) also showed that the Tourism Direct Gross Value Added (TDGVA) dropped to PHP973.31 billion last year. This is only 5.4 percent of the industry’s contribution to the country’s gross domestic product (GDP), a steep decline from 12.8 percent in 2019, the agency said.
“More than the losses in tourism arrivals and revenue, these numbers translate to millions of tourism workers severely affected by the pandemic,” the DOT said in a statement.
The agency conducts its Tourism Response and Recovery Plan To facilitate the gradual recovery of and reopening of the tourism industry while it also adheres to government restrictions, which thrust is focused on ensuring protection of jobs and safety of tourism workers, visitors, and communities; supporting the recovery of tourism enterprises; and rebuilding confidence and grow demand in the domestic and foreign market.
The department of Tourism said it is “optimistic that this transient situation will soon be over and that with the collective effort of the private and public sectors, the Philippine tourism industry will emerge bigger, better, and more resilient in the new normal,” it said. (PNA) ”

フィリピン政府観光省(DOT)は、今後2年間、フィリピンを「安全で、楽しく、競争力のある」観光地として位置づけ、地域社会や観光客との強力なパートナーシップを築いていくとしています。
観光局は、自然や文化に焦点を当てた観光商品をさらに開発するとともに、世界的に認められている健康・衛生プロトコルをフィリピンの各観光地に根付かせる「安全な旅」キャンペーンを継続すると述べています。
これはDOTが、フィリピンの国内総生産に対する観光業の貢献度が61.2%低下したことから、パンデミックが2019年に2兆5100億円の経済貢献をした産業を抑制していると指摘した後のことです。
「これによりDOTは、観光産業の緩やかな回復を促進するために、課せられた政府の制限の範囲内で可能な限りの手段を模索せざるを得ない」と述べています。
また、フィリピン統計局(PSA)のデータによると、昨年の観光業直接粗付加価値額(TDGVA)は9,733億1,000万PHPに減少しました。これは、国の国内総生産(GDP)に対する同産業の貢献度の5.4%に過ぎず、2019年の12.8%から急減しているといいます。
DOTは声明の中で、「観光客の到着数や収入の損失以上に、これらの数字は、パンデミックによって深刻な影響を受けた数百万人の観光労働者につながります」と述べています。
観光局は、観光産業の緩やかな回復と再開を促進するために、「観光対応・回復計画」を実施しています。この計画は、観光労働者、観光客、地域社会の雇用と安全を確保し、観光企業の回復を支援し、国内外の市場で信頼を回復して需要を拡大することを目的としており、政府の規制にも準拠しています。
観光局は、「この一過性の状況は間もなく終わり、民間と公共のセクターが力を合わせれば、フィリピンの観光産業は新しい正常な状態の中で、より大きく、より良く、より回復力のあるものになると楽観的に考えています」と述べています。(PNA)

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1143985
https://news.abs-cbn.com/amp/business/06/17/21/tourism-push-philippines-as-safe-fun-competitive-destination-amid-covid