The Philippines will seek funding from developed countries for national adaptation to climate change, which is primarily caused by greenhouse gas (GHG) emissions.
The bid for climate justice is necessary since the Philippines accounts for less than 1.0 percent of global GHG emissions but is among the countries most at risk for and vulnerable to climate change impacts.
“We’ll ask developed countries to help us fund our initiatives for us to adapt to the changing climate,” Department of Finance (DOF) Assistant Secretary Paola Sherina Alvarez said.
Alvarez noted climate financing in the Philippines is focused more on adaptation than on GHG emission mitigation as climate change is already threatening the country. The country will make its pitch for climate justice during the forthcoming Conference of the Parties (COP) to UN Framework Convention on Climate Change, she added.
The United Kingdom which was announced as the host of COP in Glasgow in November this year has previously reported continuing work with the Philippines to tackle climate change and promote biodiversity conservation.
Experts said fossil fuel-fired power generation and other human activities are increasing the accumulation of GHG emissions in the atmosphere so global temperature continues rising, changing climate.
Climate change’s impacts on the Philippines are sea level and temperature rise as well as increasing frequency of extreme weather events like super typhoons, they noted.
The COP26 summit in November will bring parties together to accelerate action towards the goals of the Paris Agreement and the UN Framework Convention on Climate Change.

フィリピンは、温室効果ガス(GHG)の排出が主な原因となっている気候変動への国家的適応のために、先進国からの資金援助を求めていきます。
フィリピンの温室効果ガス排出量は世界全体の1.0%にも満たないが、気候変動の影響を最も受けやすい国の一つであることから、気候正義のための入札が必要です。
財務省のパオラ・シェリナ・アルバレス次官補は、「気候変動に適応するための取り組みに資金を提供いただけるよう、先進国にお願いします」と語りました。
アルバレス氏は、「気候変動がすでにフィリピンを脅かしていることから、フィリピンの気候変動対策資金は、GHG排出量の緩和よりも適応に重点が置かれていると指摘しています。フィリピンは、来るべき国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)において、気候正義を訴えていくことになるでしょう」と述べました。
今年11月にグラスゴーで開催されるCOPのホスト国として発表された英国は、これまでにも気候変動への取り組みや生物多様性の保全を促進するためにフィリピンと協力していることを報告しています。
専門家によると、化石燃料による発電やその他の人間活動により、大気中の温室効果ガスの蓄積が進み、地球の気温が上昇し続け、気候が変化しているとのことです。
気候変動がフィリピンに与える影響としては、海面上昇や気温上昇、スーパー台風などの異常気象の発生頻度の増加などが挙げられています。
11月に開催されるCOP26サミットでは、パリ協定と国連気候変動枠組条約の目標に向けた行動を加速するために、締約国が一堂に会します。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1143821
https://www.pna.gov.ph/articles/1143163