Various species of fish, some turtles, lobsters, and other sea creatures have been observed thriving in the Marine Protected Area (MPA) of Colorada Point in Masbate, Philippines. This was attributed to the deployment of 2,203 reef balls and the planting of 29,273 coral fragments by the Philippine Gold Processing & Refining Corporation (PGPRC) starting in 2017.
Marione Molintas, spokesperson of Filminera Resources Corp. (FRC) and PGPRC, said the two firms partnered with the municipal government of Aroroy in undertaking the project to rehabilitate coral reefs that were destroyed due to dynamite fishing and other illegal fishing activities.
“A reef ball is an artificial reef designed to mimic the function of a natural reef. It was developed by US-based Reef Ball Foundation to restore ailing or destroyed coral reefs and create new fishing and scuba diving sites,” the statement read.
It was Masbate Gold Project (of which Filminera is the main partner) Environmental Advisor Damien Tredwell who introduced the Reef Ball artificial reef technology to hasten the coral regeneration in CMPA. These artificial reef modules are designed to mimic natural reefs, with a shape that can withstand strong waves, a rough texture for coral to settle in, huge holes to create whirlpools to circulate nutrients within and around the ball and smaller plugs to attach the corals.
Molintas noted that reef restoration is critical for the long-term sustainability of the marine ecosystem and the future of local fishermen. PGPRC hired fisherfolk in the community to become wardens of the MPA and assistants in coral planting and propagation works.
The firm also implemented a goat dispersal project as part of its livelihood support program to the local fishers’ organization.

フィリピン・マスバテ島のカラダポイントの海洋保護区(MPA)では、さまざまな種類の魚や一部のカメ、ロブスターなどの海の生き物が繁栄している様子が観察されています。これは、2017年からPhilippine Gold Processing & Refining Corporation(PGPRC)が2,203個のリーフボールを配備し、29,273個のサンゴ片を植え付けたことによるものです。
Filminera Resources Corp.の広報担当者であるMarione Molintas氏は、「FRCとPGPRCのスポークスマンであるマリオーネ・モリンタスは、ダイナマイト漁やその他の違法な漁業活動によって破壊されたサンゴ礁を修復するために、2つの企業がアロロイ市政府と提携してこのプロジェクトを実施した」と述べました。
リーフボールとは、自然のサンゴ礁に似せて作られた人工のサンゴ礁で、米国のリーフボール財団が開発したものです。
CMPAのサンゴ再生を促進するために、リーフボールの人工リーフ技術を導入したのは、マスバテ・ゴールド・プロジェクト(フィルミネラ社がメインパートナー)の環境アドバイザー、ダミアン・トレッドウェル氏です。この人工サンゴ礁モジュールは、自然のサンゴ礁を模して設計されており、強い波に耐えられる形状、サンゴが定着するためのざらざらした質感、ボールの中や周囲に栄養分を循環させるための渦を作る巨大な穴、サンゴを付着させるための小さな栓などが特徴です。
モリンタスは、サンゴ礁の回復は、海洋生態系の長期的な持続性と地元の漁師の将来にとって非常に重要であると指摘しています。PGPRCは、地域の漁師をMPAの監視員として雇用し、サンゴの植え付けや増殖作業のアシスタントをさせました。
また、地元の漁師組織への生活支援プログラムの一環として、ヤギの放牧プロジェクトも実施しました。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144389
https://www.rappler.com/nation/tigbao-masbate-reef-balls-revive-endangered-corals