企業理念

効果的なコンサルティングの原則

 

効果的なコンサルティングについては、コンサルタントによってさまざまな考え方があります、効果的なコンサルティングのための自分なりの原則を考える際に役立つでしょう。

 

1. 複雑な問題の「答え」はクライアントとの間にある。

日々変化を遂げる東南アジアの国々の国家及び地方自治体の制度に対応し、スムースに経営を続ける若しくはビジネスチャンスを掴むには、常にクライアントと協力して、現状の問題を明らかにし、それに対処すると同時に学ぶ事が重要である、直近の経験は一つの経験にすぎない、常にクライアントと共に考え汗をかき最善の解決を見出すべきである。

2. 多様な価値観や考え方を尊重する。

日本の常識、海外の常識共にそれは正しく、経験豊富な人々は様々な視点があることを知っています。
組織コンサルタントは、多くの意見をまとめ多視点で行動をとり、問題解決の成功につなげることが必要です。

3. クライアントと仕事をするときは、彼らが今いる場所から始めます。

クライアントの問題に対する視点を理解してください。
何を試したのか、何がうまくいったのか、何がうまくいかなかったのか、今何をすべきだと考えているのかなど、問題に対するクライアントの視点を理解する。すべてをお客様と一緒に進めるべきです、言語や文化の障壁を超え常に努力を続けること。

4. コンサルティングの現場では責任の所在を明らかにしません。

誰かや組織を傷つけようとする人は多くはいません。
非難する雰囲気は、クライアントの組織の人々が、変化を成功させるために必要な信頼、コラボレーション、コミットメントを阻害することになります。

5. 基本的なコンサルテーションの枠組みを念頭に置いてプロジェクトに臨む。

プロジェクトの初期段階では、プロジェクトの目標、方法、評価、学習について話し合う際に、フレームワークの主要な目的を共通の参照枠として使用することができます。積極的にあなたとクライアントが一緒に仕事をしていく中で、その枠組みを修正していく姿勢を持ちましょう。

6. あなたの価値は、プロジェクトの詳細ではなく、プロセスの流れの中にあります。

あなたのクライアントがあなたを評価するのは、会社とクライアントの両方が、以下のようなプロセスで一緒に仕事を続けている場合です。
協力的で、よく理解されていて、全員に伝えられていて、結果に焦点を当てているプロセスで一緒に働き続けることで、クライアントはあなたを評価します。

7. 成功は、あなたの専門知識だけでなく、あなた自身から生まれる。

これは特に、クライアントがあなたを信頼し、敬意を払い、結果と学習に焦点を当てたコンサルティングを行っていると認識している場合に当てはまります。
結果と学習に焦点を当てたコンサルティングをしていると、一段とその思いは強くなり、同様にあなたがクライアントに与える最も強力な影響の一つは、あなた自身がクライアントに望む行動のモデルとなることです。

8. 言ったことを実行する。

クライアントが混乱している中で、中心に立ち、明確で一貫性のある行動をとることで、大きな助けとなります。
あなたの一貫性は、クライアントとの信頼関係とコミットメントを構築します。

9. 自分自身を知る。

私たちはクライアントに変化をもたらす、いわゆる “道具 “です。
人と仕事をするときは、自分の偏見や思い込み、信念を喜んで捨てなければなりません。プロジェクト中にそれらが生じた場合には、正直に話してください。