fixed-assets

固定資産とは。

2022年2月8日

以前は固定資産という言葉を聞いていたかもしれませんが、あなたはそれが何を意味するのかを本当に知っていて、解明していますか?

固定資産とは、有形固定資産であり、事業活動において一定の財やサービスを生産するために、しばしば1年以上の耐用年数にわたって使用される長期資産である。

これらの資産は、財務上の利益と成長をもたらすため、同社にとって価値がある。

しかしながら、時間が経過するにつれて、減価償却が発生し、税務申告中に減価償却額で計算されることが多い。

固定資産は、有形固定資産とも呼ばれ、貸借対照表上、有形固定資産として表示される。

資産を理解することは、企業のバランスシートを評価し、企業の財務的健全性を評価する上で重要である。

固定資産の理解を深めるために、以下の例を挙げる。

固定資産の例

  • 建物及び設備
  • 機械
  • 車両(社用車、トラック、フォークリフト)
  • 家具
  • コンピュータ機器
  • ツール

これは目安となる一覧ですが、必ずしもすべての企業に当てはまるわけではありません。

固定資産の分類が異なる会社もある。

一方の企業の固定資産は、必ずしも他方の企業の固定資産と同じであるとは限らない。

例えば、クーリエ企業では、オートバイは事業の原動力であるため、資産となっている。

例えば、二輪車を販売する企業は、二輪車を固定資産ではなく在庫とみなしている。

業界の性質は様々であり、固定資産のタグ付け方法も同様である。 しかしながら、それらは同じ特性を有する。

固定資産の特徴

  • USEFUL LIFE

    – 固定資産は、貸借対照表上、有形固定資産として表示されています。 それらは損益計算書には費用としてではなく、資産として現れる。 これらの資産は、1年を超える耐用年数を有する非流動資産である。
  • 減価償却費

    – その他の資産は、通常、年度を通じて価値が上昇する土地を除き、継続的に使用することにより減価償却することができます。
  • 財務便益

    – 固定資産は減価償却を行っていますが、商品やサービスを提供・生産し、事業の一環として収益を生み出し、財務上の利益につなげています。
  • 非流動資産

    – 固定資産は非流動資産であり、長期であり、会社の貸借対照表の一部であり、収支報告書に費用として記載されていない。 固定資産は価値はあるが、現金価値には変換されない。 流動資産とは、1年以内に換金可能なものをいう。

これらの資産を保有することは、企業に付加価値をもたらし、収益創出における固定資産の効率を決定するためには、資産回転率にとって重要である。

固定資産を最大限に活用する企業は、企業の財務諸表に一定の影響を与えるため、競合他社よりも有利である。

これにより、固定資産を示す貸借対照表を構成する会計方程式を以下に示す。

資産=負債+資本

たとえば、レストランが効果的に運営されるためには、効率的な事業を運営するために必要な固定資産がいくつかある。

レストランは、食事を提供し、顧客に良好なサービスを提供するために、椅子、テーブル、冷蔵庫、換気、マイクロ波、空調ユニット、サウンドシステム、カメラおよびセキュリティシステム、ならびにさらに多くのものを必要とするであろう。

コーヒーマシン、ウォーターディスペンサーなどは、事業の繁栄と成長に役立つ固定資産です。

同社は、長年にわたり、これらの固定資産等を貸借対照表上の固定資産として使用している。

EasyFIS Logo

Easy FIS gives you a highly-accurate and real-time view of your financial statements.

Sign-up for a FREE EasyFIS Accounting System now!
EasyFIS Logo

Easy FIS gives you a highly-accurate and real-time view of your financial statements.

Sign-up for a FREE EasyFIS Accounting System now!

固定資産はどのように機能するのだろうか。

会計の分野では、固定資産とその事業との関連性を理解することはかなり簡単である。

レストランでは、オーブン、テーブルトップコンロ、冷蔵庫、テーブル、椅子が効果的に作動する必要があり、基本的にトラック、トラクター、発電機セットを必要とする農家と同じである。

企業規模にかかわらず、すべての事業は固定資産を有形固定資産(PP&E)の形で運営することを求めている。

損益計算書では、ほとんどの場合、固定資産は費用として計上されない。

それは貸借対照表に現れ、会計はその耐用年数にわたるその減価償却を計算するだけである。

固定資産は、資本資産とみなすこともでき、融資承認に必要な文書の一部とすることもできる。

損益に費用として上場するのではなく、資産化のために固定資産として上場している。

明確でダイナミックな報告書、信頼できる財務諸表、利益報告書を作成したいですか?

収入および経費報告書の手動記録を停止します。

しばらく経費を節約し、ストレス会計を避ける。

EasyFISはクラウドベースで、必要に応じて高精度のレポートを配信します。

EasyFISは、特に固定資産の減価償却に取り組むなど、最も一般的なニーズに対するターンキーソリューションを提供します。

EasyFISは、そのほとんどがフィリピンの政府税制に対応したCAS(Computerized Accounting System)です。

EasyFISは、バランスシートと財務諸表を迅速、正確かつリアルタイムに表示します。

EasyFISが提供するビジネスは、次のようにさまざまです。

  • 薬局、診療所、病院などの医療産業で、販売と在庫を監視しています。
  • ドライグッズ、コンビニエンスストア、建築資材、ハードウェアショップ
  • 書店、書籍、バイクやホビーショップなどの専門店
  • コンピューター・ハードウェア、携帯電話、ガジェット・ストア
  • 農業ショップ/農産物供給
  • EasyFISの販売および会計機能のみを使用するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)のようなサービス産業
  • 運輸業(自動車販売業、二輪販売業)
  • 食品事業、レストラン・ホテル事業

EasyFISの詳細については、以下の機能と利点を参照してください。

  • 販売と在庫統合で会計ソフトウェアを終了します。
  • サービスとしてのクラウドとソフトウェア(SAAS)。
  • 複数通貨。 このシステムは、異なる通貨で取引を行うことができる。
  • 複数言語。
  • より高い精度とリアルタイムのレポート。
  • チームとのより迅速な連携
  • 紙・インク廃棄物の削減による費用対効果
  • 導入およびメンテナンスのコストが低い。
  • 顧客サービスの改善
  • フィリピン租税法が整備されている。 EasyFISは、Bureau of Internal Revenue (Bureau of Internal Revenue) (BIR)
  • POSフロントエンドソフトウェアと互換性があります。
  • 複数支店 システムには、複数の店舗、支店、倉庫があり、会社全体の販売および在庫を監視することができます。

お問い合わせは、+63-32-256-2904、+63908601619にお問い合わせください

EasyFIS Logo

Easy FIS gives you a highly-accurate and real-time view of your financial statements.

Sign-up for a FREE EasyFIS Accounting System now!
EasyFIS Logo

Easy FIS gives you a highly-accurate and real-time view of your financial statements.

Sign-up for a FREE EasyFIS Accounting System now!

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you